DHAのマメ知識

不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられ、さらに多価不飽和脂肪酸には、n-3系脂肪酸、n-6系脂肪酸などの種類があります。

 

不飽和脂肪酸とは脂質の材料で、エネルギー源や身体の構成成分となるほか、DHAなどは、血中の中性脂肪やコレステロールの量の調節を助ける働きがあります。

 

魚類や植物油に多く含まれ、常温では液状で存在します。
マグロ、イワシ、サンマ、オリーブ油、ゴマ油、シソ油、グレープシード油などに多く含まれています。

 

不飽和脂肪酸の一種である、DHAEPAは、主に青魚の油に含まれている成分です。

 

脂質なので、さんま、さば、いわしなどいわゆる油の乗った青魚に特に豊富に含まれています。油の乗った魚はおいしいですよね!

 

どちらも血液をサラサラにする健康成分といわれていますが、またDHAには、脳の機能を向上させたり、抗うつ作用があるといわれています。

 

dha

 

最近の発表では、物忘れを訴える高齢者にDHAとARAの摂取は即時記憶と集中力の向上に効果があったと報告されています。

 

このようにいいことづくめのDHAですが、不飽和脂肪酸は酸化しやすいという欠点があります。

 

dha

 

ですから、サプリメントとしてDHAを購入するのならば、酸化したトランス脂肪酸がないような成分を選んで購入するようにしましょう。

 

そうすればDHAの働きにより、血液の流れをよくして動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中、高血圧などを予防してくれますし、また血液中の悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やすという重要な働きをDHAはしてくれるのです。

 

続きを読む≫ 2013/11/25 20:40:25

トランス脂肪酸(trans fat、trans-unsaturated fatty acids、TFA)とは、一定量を摂取すると、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させ心臓疾患のリスクを高めるといわれ、2003年以降、トランス脂肪酸を含む製品の使用を規制する国が増えています。

 

トランス脂肪酸は、天然の植物油にはほとんど含まれず、製造する過程で発生するため、それを原料とするマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングなどに多く含まれています。

 

バターよりマーガリンは「植物油から作られているから体にいい」といわれていて、マーガリン派も多かったと思いますが、トランス脂肪酸の危険性が指摘されています。

 

DHAを摂取する場合には特に気をつけなくてはいけません。

 

DHAEPAは酸化しやすいものとなっています。酸化するとトランス脂肪酸というサビやすい脂になってしまうのです。

 

DHAをサプイメントとして飲む理由の一つには、「善玉」プロスタグランジンの材料のオメガ3を体に取り込み体質改善をするためです。

 

しかし、酸化したDHAを摂取すれば全く逆効果になる可能性もあります。

 

トランス脂肪酸を多く摂ると、血液中の悪玉コレステロール濃度を増加させて、血管疾患などの病気のリスクが高くなってしまいます。

 

DHAのサプリメントを選ぶ際にはこういったことも注意しなければなりません。

 

製造工程や製造後の成分結果を表示してあってトランス脂肪酸が検出されていないことを確認しておかなければなりません。

 

安易に安いからといってDHAのサプリントを購入せずに、いろいろと調べて購入しましょう。

 

続きを読む≫ 2013/11/21 20:11:21

最近では多くなってきたDHAのサプリメントですが、薬とは違うためにいつ飲んだらいいかの表示をしていないものがおおいです。

 

そのため一日のうちで朝食後とか夕食後または、食事にこだわらず適当な時に飲んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

いつ飲んでもいいとは思いますが、サプリメントの種類によっては飲むタイミングをつかんでおいたほうがいいものもあるので、主な成分について知っておいておく方がいいでしょう。

 

成分は大まかには、脂溶性、水溶性に分かれます。

 

DHAなどは脂溶性のビタミン(A,D,E,K)と同様なものですので、胃で食物の脂肪分が消化されるときにその消化の助けを借りることで吸収されやすくなります。

 

逆に、こうしたDHAなどの脂溶性物質を空腹時に飲むと、吸収されずにそのまま体外に排出される可能性もあります。
これではせっかく買ったサプリメントも効果がないものになってしまいます。

 

一方の水溶性のビタミン(B、C)については、だいたい3〜4時間で体外に排泄されるので、1回にまとめて取るよりも、一日で何回かに分けて取った方が吸収されやすいでしょう。

 

サプリメントの一般的な吸収率は、起きて活動しているときより寝ているときの方が高くなるといわれています。

 

DHAのサプリメントは今ではいろいろな種類のものが出回っています。

 

飲み方が書いてあればそのとおりに飲むのがベストですので、適当に飲むのではなくきちんと守って規則正しく飲んで行きましょう。

続きを読む≫ 2013/11/18 20:10:18

活性型DHAとは、DHAの中でもマグロなどの青背の魚のDHAよりも抗酸化能力の高いものをいいます。

 

このため活性型DHAは、活性酸素が細胞や遺伝子を破壊するのを弱めてくれます。この効果は青背の魚に含まれるDHAよりも強いものとなっております。

 

スペインのBurdy社の商標名であるアルガトリウムは、この活性型DHAを多く含んでいます。
つい最近まで日本では生産されていませんでした。
すべて海外からの輸入品ばかりでした。

 

アルガトリウムはオメガ脂肪酸の一種です。
アルガトリウムはオメガ脂肪酸の中でもオメガ-3脂肪酸という種類に属し、このアルガトリウムの仲間にはドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)などがあります。

 

アルガトリウムは、DHAの持つ抗酸化作用や年を取ることによって起る老化の 原因を抑制することによって、老化を予防したり、老化を改善する抗加齢療法、抗老化療法などのアンチエイジング効果、疲労回復などの体に良い効果をもたらしくれる活性型DHAです。

 

アルガトリウムを含むサプリメントは、「DHA含有精製魚油」と表示されていることがあります。
日本で唯一、アルガトリウム表記が認められているのは株式会社明治のみです。

 

アルガトリウムの約70%は活性型DHAです。また、オメガ-3脂肪酸の一種であるEPAも約3%含まれています。
EPADHAと同じく循環器系における中性脂肪の低下心筋梗塞、血栓の予防などに効果があると言われています。

 

青魚のイワシやサバ、マグロ、カツオ、サンマなどのを食べると、これらのDHAEPAをたくさん摂取することができます。

続きを読む≫ 2013/11/15 20:08:15

これからの時代、中年の見方はDHAです。
なにせ血液をサラサラにしてくれて、血圧を下げてくれる効果があるので大助かりです。

 

DHAを豊富に含んでいるのは魚なのはご存知でしょうか?からあげや焼き肉ばかり食べていてはいけません。もっと積極的に魚を食べましょう。

 

ただし、魚の種類によってはDHA含有量には大きな差があるのでDHAを積極的にとるためならばいろいろと含有量を調べてみましょう。

 

dha

 

DHA含有量には大きな差があります。DHAは脂に含まれているので、当然、脂たっぷりの、ややこってりめのお魚がおすすめです。

 

DHAの含有量が多いのは、イワシやサバなどのいわゆる青魚です。
また、マグロなら霜降りのトロの部分に多く含まれています。

 

カブト煮などで食べる目の裏のゼリー状の部分(眼窩脂肪)には、最も多くのDHAが含まれています。青魚以外ではウナギ、サケ、筋子などにもDHAの含有量が豊富に含まれています。

 

また意外かと思われるかもしれませんが、保存食品である缶詰にも多く含んでいるので、スーパーでよく安売りしている「さば水煮」「さば味噌煮」「さんま蒲焼」「いわし味付」などの缶詰を目にしたらまとめ買いしておきましょう(笑)

 

dha

 

理想想的なDHAの摂取量は、一日に1g程度とされています。焼いたサンマなら約半尾、刺し身であれば、マグロ(トロ)で4〜5切れ、また脂肪の多い魚200〜300gを週に何回か食べてみるのもいいでしょう。

 

一番のお勧めは、dhaをサプリメント摂取することです。

 

運動も併用して、メタボリックな体を健康的なものへと移行していきましょう!

続きを読む≫ 2013/11/14 20:05:14

最近はテレビの通販番組でも盛んにDHAを宣伝して販売に力を入れているところが多くなってきました。

 

DHAは魚に多く含みますが、体内に摂取すると、学習能力・記憶力の向上視力低下の抑制動脈硬化の予防高脂血症の改善高血圧の抑制老人性痴呆症の改善・予防など様々な効果があるとされています。

 

DHAの摂取の方法は、DHAを多く含む青魚等から直接摂取する方法とDHAのサプリメントから摂取する方法がありますが、私は両方を合わせて摂取する方法がいいと思っています。

 

まず、魚だけから摂取する方法を考えると、魚には水銀などの環境汚染の問題から有害物質を含む場合があり地域によっては魚の摂取量に上限を設けている地域もあります。そのために魚を過剰に摂取すると
水銀や汚染物質が体内に与える影響が大きくなってくるかもしれません。

 

ですから、ある程度を普段の食生活で魚をとって、足りない部分をDHAのサプリメントから摂取すればいいと思います。

 

サプリメントには手間をかけてでも重金属水銀も除去しているものがあります。また、無添加、無防腐剤、無香料、無着色など体にやさしい飲みやすいものが出ています。

 

DHAのサプリメントを選ぶ際にはこういったことも考慮したほうがいいです。
魚の産地もわからないような、安いから買うようなことは避けたほうがいいでしょう。

 

自分の将来の体の健康維持のためにも、安全なDHAをとって実りの多いものにしていくことが大切だと思います。

 

続きを読む≫ 2013/11/11 20:02:11

妊娠中の方のDHAの摂取については、自分自身の健康のためと体内の赤ちゃんに対する健康面とを考えていかなければならないと思います。

 

赤ちゃんに対するよい影響としては、お母さんがDHAを摂取することによって体内から赤ちゃんへと入り、結果として赤ちゃんにがDHAを吸収します。
効果としては視神経の発達が良かったり、知能の発達が早いなどの効果がみられるみたいです。

 

赤ちゃんが生後18カ月になったときの発達評価では、精神発達には両群で差がありませんでしたが、運動発達と行動情緒発達では、DHAを投与した群の方が高くなるというデータも発表されています。

 

dha

 

また、お母さんに対しては、血管をサラサラにしてくれるので高血圧や高脂血しょうなどの予防になり、血管障害を防止する働きをしてくれます。

 

このように母子ともに優れた効果をもたらしてくれるDHAなので積極的に摂取していきたいものです。
成分的にはDHAは、青魚などに多く含んでいるので今まで肉中心の生活だった人は魚を意識的に多く食べたほうがいいでしょう。

 

ただし、ここで注意すべきことは妊娠しているときには過剰な摂取は控えたほうがいいことです。

 

dha

 

魚には、水銀などの有害な金属を含んでいることがわかっているので過剰には摂取しないほうがいいでしょう。

 

この点だけを気をつければDHAは大変効果的なものなので、積極的にとっていきましょう。

 

またDHAのサプリメントならばこういった有害な金属を除去して販売をしているのもありますので、DHAサプリメントを選ぶ際に検討してみてはいかがでしょうか。

続きを読む≫ 2013/11/08 20:01:08

ドコサヘキサエン酸(ドコサヘキサエンさん、Docosahexaenoic acid、略称 DHA )は、一時期テレビなどで話題になりクイズ番組でもよく取り扱っていたので聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。

 

DHAは、不飽和脂肪酸のひとつ。

 

6つの二重結合を含む22個の炭素鎖をもつカルボン酸 (22:6) の総称であるが、通常は生体にとって重要な 4, 7, 10, 13, 16, 19 位に全てシス型の二重結合をもつ、ω-3脂肪酸に分類される化合物を指しています。

 

分子式(化学式)は C22H32O2(C21H31COOH)で6つのシス型の二重結合[メチル基 CH3(オメガエンド)から3,6,9,12,15,18、IUPAC{カルボキシル基 COOH(デルタエンド)から}では4,7,10,13,16,19]を含む22個の炭素鎖をもつカルボン酸です。

 

炭素数22の炭化水素のドコサン(C22H46)に6個(ヘキサ)の二重結合(エン)が入った物で、構造式は次のようになっています。

 

CH3-CH2-CH=CH-CH2-CH=CH-CH2-CH=CH-CH2-CH=CH-CH2-CH=CH-CH2-CH=CH-CH2-CH2-COOH

 

 

DHAEPAも分子構造も良く似ています。
構造式を比べてみるとDHAの方が炭素鎖が2つ多くて二重結合が1つ多いものとなっています。

 

どちらも一定量(1日1gがいいとされています。)を摂取することによって、悪玉コレステロールの減少や血液をサラサラにする効果により高血圧の予防脳や心臓の血管障害の予防に役立つものとされています。

 

一般的に青魚などに多く含むので、積極的に毎日食べていきたいですがなかなかそれもむずかしいですよね。

 

そういうときにオススメなのがDHAのサプリメントです。毎日一定量を飲むだけでいいので簡単に必要量のDHAを体内に摂取することができるようになります。

続きを読む≫ 2013/09/13 20:00:13

プリン体というのを聞いたことがあるでしょうか?
プリン体そのものは、は「痛風」の原因物質として問題視されているのです。

 

プリン体というのは、細胞の核を構成する成分のことで、人間が食する大半の食品に含まれております。
ですので、細胞数の多い食品ほどプリン体を多く含んでいることになります。

 

このプリン体の成分は肝臓で分解されまずが、この分解作業を行う際に、老廃物として尿酸という成分を発生します。

 

尿酸は非常に水に溶けにくいため、関節などに鋭くとがった結晶として析出してきます。

 

この状態で関節を動かすとギザギザがこすれ、猛烈な痛みを発するわけです。これが痛風です。

 

dha

 

痛風は足の指の関節、膝、足首の関節などが赤く腫れ、痛みを発する病気です。その痛みは激烈で、「風が吹いても痛い」ことから痛風と名付けられたほどです。

 

そのまま放置しておけば、他の内臓疾患にも及んできます。このプリン体は魚ではマグロやサンマなどのDHAが多く含まれる魚にも多く含んでいます。

 

DHAは体にとっていろいろな改善をしてくれることが分かっています。
なるべく多くの量をとりたいところですが、痛の人がプリン体を多く含んだ魚をたくさん食べることはできないの注意が必要です。

 

 

こういうときにはDHAをサプリメントから摂取することを考えてみましょう。

 

dha

 

DHAをとることによって、高血圧の原因の脳や心臓などの血管障害の予防に役に立ちます。
また、目や歯などに対してもいい影響を与えるのでなるべく多く摂取したいものです。

続きを読む≫ 2013/09/10 19:59:10

 

DHAは脳や目などに健康のためにいい効果をもたらすことが分かっています。
そのほかには歯に対してもDHAはいい効果をもたらしてくれています。

 

 

特に、歯周病の予防にも役立つようです。
最近の研究結果によると、魚などに多く含まれるDHAをとることにより歯周病の発症が少ないということがわかってきました。

 

自然の魚なので非常に多量に摂取しても害はないと思いますが、魚には水銀などの物質が含まれることがあるので、何事も過剰摂取にには注意したいところです。

 

歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる中年以上の人に多い慢性の炎症性疾患です。

 

歯と歯肉の境目、多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。

 

そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、骨や歯の損失につながります。

 

米国のハーバード大学医学部およびベスイスラエルディコネス医療センターのアスガル・ナクヴィ(Asghar Z. Naqvi)氏らが、Journal of the American Dietetic Association誌11月号に発表によると、米国の国民健康栄養調査(NHANES)の登録者で1999?2004年に歯科検診を受けた20歳以上の9,182人の人々のデータを分析して、魚油などに含まれるn-3不飽和脂肪酸の食事摂取を多く取っている人が、歯周病の減少に関連することを発見しました。すなわちDHAを多く取ることによって、歯周病を予防できるのです。

続きを読む≫ 2013/09/08 19:51:08

DHAのサプリメントを購入する場合はどちらから購入するのがいいでしょうか?
今ではテレビでの通販番組でもいろいろなDHAが紹介されています。

 

またインターネットに接続でき環境ならパソコンでもスマートフォンでも通販での購入が可能です。
また、英語がわかるのであれば直接海外のサイトから購入したほうが安い場合もあります。

 

インターネットで国内でDHAを購入するのならば、やはり楽天が安心でしょう!
なにせネット販売の最大手ですからねえ。

 

dha

 

また楽天のサイトならDHAの人気がランキングで表示されているので、DHAを購入するための目安になります。また購入からは評判もレビュー形式で見ることができてある程度の評判がわかります。

 

ただしレビューすべてが正しいわけではないのであくまで参考として、最後は自分の判断で購入しましょう。
楽天でのレビューには評価の点数もついていますのでよく読んでみましょう。

 

DHAのサプリメント購入の目安としては、やはり一日に摂取できる量と値段になります。

 

なるべく1グラム近く取れて安価なことですね。また魚の安全性や重金属の含有チェックなどがされているか表記されているかどうかも大切な指標です。

 

dha

 

サプリメントは飲んでいると他の商品との区別はあまりつきません。
一度買うと長い付き合いになると思うので、最初時間をかけて楽天のホームページを隅から隅まで見て回りましょう。

 

そうすれば自然と自分に合うDHAのサプリメントが見つかると思いますよ。将来のための健康の投資をしていきましょう。

続きを読む≫ 2013/07/19 19:50:19

人間にとってDHAは脳や心臓などの血管疾患に対して、改善されることが分かっています。
また脳を活性化したり、目のためにもいいことがわかっています。

 

しかし、DHAは人間だけに効くわけではありません。
あなたの大切な犬や猫などのペットに対しても効果があることが分かっています。

 

犬場合だと老犬に効果があるようです。
DHAを摂取した際の効果は、人間でも犬でも変わりはありません。

 

やはり頭や目がよくなる効果があります。

 

人間も妊娠中にお母さんがDHAを摂取するとおなかの赤ちゃんにも届くように犬の場合でもDHAが含まれたフードやサプリメントを与えることで、子犬のうちから賢い犬を育てることができかもしれません老犬のばあいだと人間と同じ効果として痴呆を防ぐ効果があります。

 

犬のほうも人間と同じように食生活や医療の発達により、長生きするようになりました。
痴呆などの認知障害をひきおこす犬の数も増加傾向にあります。

 

DHAには、愛犬の認知障害を予防、または発生した症状を軽減する効果も認められています。
DHAを持続的に愛犬に与えることによって、人間と同じように予防・改善されて有意義な生活ができるようになります。

続きを読む≫ 2013/07/16 19:48:16

DHAは主にサンマやイワシ、マグロなどの魚から生成されます。
DHAそのものは脳を活性化したり、血液をサラサラにして高血圧や脳梗塞・心筋梗塞などの予防になるすばらしい成分です。

 

食生活などにより肉中心の食事になると、体系もメタボリックになり高血圧などの弊害がもたらされるものです。
DHAを体内に摂取することでこれらを改善されることが分かっています。

 

dha

 

厚生労働省 食事摂取基準2010年の改訂によれば、DHAと同じ魚の脂のEPAをあわせて1日に1グラム摂取する事を推奨しています。

 

しかし、1グラムを魚からとるためには結構な量を食べなければいいけません。毎日魚ばかりというわけにはなりませんよね。

 

また、魚には水銀が含有していることも考慮しなければいけません。
特に妊婦の方は、魚の取りすぎも赤ちゃんの健康を考えると量をある程度規制しなければいけません。

 

サプリメントとして摂取する場合も、魚を収穫した場所や成分除去の工程があるかなどの調査も必要です。

 

これらがクリヤーできればDHAは人間の健康のためにはいろいろな効能がありますので、一定量(1日1グラム)をとっていきたいところです。

 

dha

 

サプリメントを販売している会社によっては、

 

「鮮度および純度に関するアメリカ国内および国際的な基準をクリアしています。
すべての製品は、第三者機関によるテストをうけて重金属、ダイオキシン、ポリ塩化ビフェニルが含まれないことが証明されています。」

 

などの表記をしていますので安心して購入してDHAを摂取することが可能になっています。

続きを読む≫ 2013/06/18 19:46:18

DHAが人間にとって有効な成分なのはわかっていますが、赤ちゃん、特に妊娠時のお腹の赤ちゃんにこの成分をとらせるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

まずはお母さんがDHAを摂取して血液に取り込まれ、胎盤を通じてお腹の赤ちゃんに供給してあげればいいのです。

 

お母さんが青魚やサプリメントなどから積極的にDHAを摂取することで、お腹の赤ちゃんにも十分なDHAを供給してあげられるのです。

 

 

DHAは、赤ちゃんの脳の発達や目の健康にとって、とても大事な栄養素であることがわかってきました。

 

DHAを豊富に含むベビーフードを食べた乳児は、DHAを含まないベビーフードを食べた乳児に比べて視神経の反応が早くなったという報告あったり、妊娠18週から産後3ヶ月までお母さんにDHA1183mg、EPA803mgを含むサプリメントを摂取してもらったところ、そのお母さんの母乳を飲んで育った子どもが4歳になったときの知能の発達が良かったという報告もあります。

 

ですから妊婦さんにとってDHAは主に、妊娠後期において赤ちゃんの脳を正常に発達させるために必要な栄養素である考えられているのです。

 

DHAをはじめとする長鎖不飽和脂肪酸を添加した粉ミルクで育った赤ちゃんは、無添加の普通の粉ミルクで育った赤ちゃんに比べて発達指数(知能や姿勢・運動、社会性といった総合的な精神的発達のレベルを示す指標)が高かった―というイタリアの研究報告があります。

 

このほかにも視覚機能が向上したという報告もあり、DHAを妊娠時にとることによって赤ちゃんにいい効果があることがわかっています。

 

積極的に青魚などを食べた行きたいですよね。注意として魚からとる場合には、水銀の含有量も考慮に入れて摂取することが大切です。

続きを読む≫ 2013/06/04 19:43:04

DHAを子供に摂取させると頭がよくなるのか?

 

これについてはいろいろな説があるようです。
厚生労働省の食事摂取基準に、追加されたDHAですが乳児期にDHA摂取するとIQが向上したり、認知症の予防効果があるとの研究も発表されています。

 

反対説では、確かにDHAが極端に不足すると視力や学習能力が低下するが、大量に摂取しても、頭が良くなるわけではなく、知識量を増やさないとDHAを多く取ってもダメというものです。

 

しかし、どちらにしろ子供のためにとってはDHAを摂取しないよりは摂取したほうがよさそうです。

 

dha

 

DHAの人間の脳でどのように働いているのか、DHAは脳の細胞膜の中にも存在しており、シナプス膜にDHAが多く含まれていると膜が柔らかくなり情報伝達がし易くなるのではと言われているのです。

 

最近の研究では妊娠中に妊婦がDHAを摂取することで胎児の脳の発達に影響があると言われています。またDHA目にも効果があり子供の近視の予防にも有効であるといわれています。

 

目の網膜のほとんどの成分はDHAから形成されているとのことです。

 

dha

 

DHAは他には脳の活性化にもつながるので、記憶力のアップや集中力のアップも期待できます。このように有益なものが多いので、子供にも積極的にDHAを摂取させることが重要です。
食生活も肉よりは魚を多めに食べさせましょう。

 

いまではサプリメントも子供用のものがいろいろ出てきていますので、安心して飲ますこともできます。魚で直接とるのもいいですが、それもなかなか難しいのでサプリメントでのDHA摂取を検討をしてみてはいかがでしょうか。

続きを読む≫ 2013/05/07 19:41:07

DHAの摂取量の目安としては、厚生労働省 食事摂取基準2010改訂によれば、DHAと同じ魚の脂のEPAをあわせて1日に1グラム摂取する事を推奨しています。

 

DHAはご存じの通り健康の維持に大変役に立つものです。

 

たとえば血液をサラサラにして血栓を予防する効果があり、高血圧を抑えてくれたり高脂血症の予防や改善にも繋がります。

 

健康にいいからといっても過剰摂取はやめておいたほうがいいでしょう。

 

過剰摂取をしても、健康上の問題は基本的に生じるとはおもいませんが、長期的な栄養過多は他の普通の食品でもいろいろ弊害があるものです。

 

何らかの形で健康を害する可能性もあります。

 

またDHAは魚から生産される場合が多いので、魚の他の成分に悪い栄養素などが含まれると過剰摂取した場合に影響が出てくるでしょう。

 

サプリメント会社によっては、魚のとれた場所や成分などを詳しく提示しているところがあるので参考にしておくといいでしょう。

 

安いからといってあまりわからないところで買うと、魚にはいろいろな悪影響を及ぼす重金属なども入っている場合もあるので注意して購入を検討してみてください。

 

 

米国食品医薬品局であるFDA(Food and Drug Administration)によると、1日あたりのDHAの摂取量が3〜4gまでなら安全だと保証していますが、持病を持っている方、お薬を常用している方は医師に確認しましょう。

 

1日3g以上の摂取で血液が固まる作用(凝血作用)が低下し、出血しやすくなる可能性があるとされています。

 

また、DHAは血圧を下げることもあるので、高血圧症により血圧を下げる薬を服用している場合、薬との相乗効果で血圧が下がりすぎてしまう可能性があり、注意が必要です。

続きを読む≫ 2013/05/07 19:40:07