DHA トランス脂肪酸

DHAとトランス脂肪酸

トランス脂肪酸(trans fat、trans-unsaturated fatty acids、TFA)とは、一定量を摂取すると、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させ心臓疾患のリスクを高めるといわれ、2003年以降、トランス脂肪酸を含む製品の使用を規制する国が増えています。

 

トランス脂肪酸は、天然の植物油にはほとんど含まれず、製造する過程で発生するため、それを原料とするマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングなどに多く含まれています。

 

バターよりマーガリンは「植物油から作られているから体にいい」といわれていて、マーガリン派も多かったと思いますが、トランス脂肪酸の危険性が指摘されています。

 

DHAを摂取する場合には特に気をつけなくてはいけません。

 

DHAEPAは酸化しやすいものとなっています。酸化するとトランス脂肪酸というサビやすい脂になってしまうのです。

 

DHAをサプイメントとして飲む理由の一つには、「善玉」プロスタグランジンの材料のオメガ3を体に取り込み体質改善をするためです。

 

しかし、酸化したDHAを摂取すれば全く逆効果になる可能性もあります。

 

トランス脂肪酸を多く摂ると、血液中の悪玉コレステロール濃度を増加させて、血管疾患などの病気のリスクが高くなってしまいます。

 

DHAのサプリメントを選ぶ際にはこういったことも注意しなければなりません。

 

製造工程や製造後の成分結果を表示してあってトランス脂肪酸が検出されていないことを確認しておかなければなりません。

 

安易に安いからといってDHAのサプリントを購入せずに、いろいろと調べて購入しましょう。