DHA 不飽和脂肪酸

DHAと不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられ、さらに多価不飽和脂肪酸には、n-3系脂肪酸、n-6系脂肪酸などの種類があります。

 

不飽和脂肪酸とは脂質の材料で、エネルギー源や身体の構成成分となるほか、DHAなどは、血中の中性脂肪やコレステロールの量の調節を助ける働きがあります。

 

魚類や植物油に多く含まれ、常温では液状で存在します。
マグロ、イワシ、サンマ、オリーブ油、ゴマ油、シソ油、グレープシード油などに多く含まれています。

 

不飽和脂肪酸の一種である、DHAEPAは、主に青魚の油に含まれている成分です。

 

脂質なので、さんま、さば、いわしなどいわゆる油の乗った青魚に特に豊富に含まれています。油の乗った魚はおいしいですよね!

 

どちらも血液をサラサラにする健康成分といわれていますが、またDHAには、脳の機能を向上させたり、抗うつ作用があるといわれています。

 

dha

 

最近の発表では、物忘れを訴える高齢者にDHAとARAの摂取は即時記憶と集中力の向上に効果があったと報告されています。

 

このようにいいことづくめのDHAですが、不飽和脂肪酸は酸化しやすいという欠点があります。

 

dha

 

ですから、サプリメントとしてDHAを購入するのならば、酸化したトランス脂肪酸がないような成分を選んで購入するようにしましょう。

 

そうすればDHAの働きにより、血液の流れをよくして動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中、高血圧などを予防してくれますし、また血液中の悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やすという重要な働きをDHAはしてくれるのです。