DHA過剰摂取

DHAと過剰摂取

DHAの摂取量の目安としては、厚生労働省 食事摂取基準2010改訂によれば、DHAと同じ魚の脂のEPAをあわせて1日に1グラム摂取する事を推奨しています。

 

DHAはご存じの通り健康の維持に大変役に立つものです。

 

たとえば血液をサラサラにして血栓を予防する効果があり、高血圧を抑えてくれたり高脂血症の予防や改善にも繋がります。

 

健康にいいからといっても過剰摂取はやめておいたほうがいいでしょう。

 

過剰摂取をしても、健康上の問題は基本的に生じるとはおもいませんが、長期的な栄養過多は他の普通の食品でもいろいろ弊害があるものです。

 

何らかの形で健康を害する可能性もあります。

 

またDHAは魚から生産される場合が多いので、魚の他の成分に悪い栄養素などが含まれると過剰摂取した場合に影響が出てくるでしょう。

 

サプリメント会社によっては、魚のとれた場所や成分などを詳しく提示しているところがあるので参考にしておくといいでしょう。

 

安いからといってあまりわからないところで買うと、魚にはいろいろな悪影響を及ぼす重金属なども入っている場合もあるので注意して購入を検討してみてください。

 

 

米国食品医薬品局であるFDA(Food and Drug Administration)によると、1日あたりのDHAの摂取量が3〜4gまでなら安全だと保証していますが、持病を持っている方、お薬を常用している方は医師に確認しましょう。

 

1日3g以上の摂取で血液が固まる作用(凝血作用)が低下し、出血しやすくなる可能性があるとされています。

 

また、DHAは血圧を下げることもあるので、高血圧症により血圧を下げる薬を服用している場合、薬との相乗効果で血圧が下がりすぎてしまう可能性があり、注意が必要です。