DHA プリン体

DHAとプリン体

プリン体というのを聞いたことがあるでしょうか?
プリン体そのものは、は「痛風」の原因物質として問題視されているのです。

 

プリン体というのは、細胞の核を構成する成分のことで、人間が食する大半の食品に含まれております。
ですので、細胞数の多い食品ほどプリン体を多く含んでいることになります。

 

このプリン体の成分は肝臓で分解されまずが、この分解作業を行う際に、老廃物として尿酸という成分を発生します。

 

尿酸は非常に水に溶けにくいため、関節などに鋭くとがった結晶として析出してきます。

 

この状態で関節を動かすとギザギザがこすれ、猛烈な痛みを発するわけです。これが痛風です。

 

dha

 

痛風は足の指の関節、膝、足首の関節などが赤く腫れ、痛みを発する病気です。その痛みは激烈で、「風が吹いても痛い」ことから痛風と名付けられたほどです。

 

そのまま放置しておけば、他の内臓疾患にも及んできます。このプリン体は魚ではマグロやサンマなどのDHAが多く含まれる魚にも多く含んでいます。

 

DHAは体にとっていろいろな改善をしてくれることが分かっています。
なるべく多くの量をとりたいところですが、痛の人がプリン体を多く含んだ魚をたくさん食べることはできないの注意が必要です。

 

 

こういうときにはDHAをサプリメントから摂取することを考えてみましょう。

 

dha

 

DHAをとることによって、高血圧の原因の脳や心臓などの血管障害の予防に役に立ちます。
また、目や歯などに対してもいい影響を与えるのでなるべく多く摂取したいものです。