dhaを多く含む食品

dhaを多く含む食品

DHAを多く含む食べ物としては、やはり青魚が多いです。

 

きんき 80g当たり DHA 6.2g
さんま 100g当たりDHA 8.6g
いわし 80g当たりDHA 10.1g
ぶり 80g当たりDHA 10.8g
はまち 80g当たりDHA 10.2g
うなぎ蒲焼き 120g当たりDHA 8.2g
ほんまぐろ 50g当たりDHA 7.0g
さけ 80g当たり DHA 8.9g
さわら 80g当たりDHA 9.7g

 

DHAは白身、赤身の魚よりも青い魚の油に多く含まれています。
魚の脂肪は酸化されやすいので鮮度の高いもの食べるようにしましょう。

 

酸化されたものを食べるとかえって逆効果になる場合があります。
またDHAを多く含む魚の油を取れるように、鍋やムニエルなどにして逃がさないように食べるのがコツです。

 

青背の魚は中性脂肪を下げる
魚も実は肉と同じように、動物性の食品なのですが、その脂質の種類・成分は肉とは違って、コレステロールを上げる作用はありません。

 

コレステロール値が高い人でも気にせず食べられるので安心です。

 

また、中性脂肪を運び、やがてLDLになるリポタンパクのVLDLの合成を抑えるなどして、中性脂肪を下げる作用もあります。

 

さらに、血液を固まりにくくして血栓ができるのを防いだり血圧を下げる効果もあります。
したがって、血管障害の、動脈硬化や、心筋梗塞や脳梗塞の予防もしてくれます。

 

このようにDHA青魚によく入っています。鮮度も重要ですのでできれば買ってからすぐに1匹まるごと食べてしまうのがいいでしょう。

 

刺身で食べればDHAの成分は100%とり入れることができますし、熱しても損失は20%ほどですから、煮た時などは汁も全部飲んでみましょう。

DHAはさんま、いわし、まぐろなどの青魚に多く含んでいます。DHAは酸化に弱いので魚の新鮮なうちに食べましょう。DHAを普段からとる習慣を身につけましょう。
DHAを多く含む食べ物としては、やはり青魚が多いです。
きんき 80g当たり DHA 6.2g
さんま 100g当たりDHA 8.6g
いわし 80g当たりDHA 10.1g
ぶり 80g当たりDHA 10.8g
はまち 80g当たりDHA 10.2g
うなぎ蒲焼き 120g当たりDHA 8.2g
ほんまぐろ 50g当たりDHA 7.0g
さけ 80g当たり DHA 8.9g
さわら 80g当たりDHA 9.7g
DHAは白身、赤身の魚よりも青い魚の油に多く含まれています。魚の脂肪は酸化されやすいので鮮度の高いもの食べるようにしましょう。酸化されたものを食べるとかえって逆甲になる場合があります。またDHAを多く含む魚の油を取れるように、鍋やムニエルなどにして逃がさないように食べるのがコツです。
青背の魚は中性脂肪を下げる
魚も実は肉と同じように、動物性の食品なのですが、その脂質の種類・成分は肉とは違って、コレステロールを上げる作用はありません。コレステロール値が高い人でも気にせず食べられるので安心です。また、中性脂肪を運び、やがてLDLになるリポタンパクのVLDLの合成を抑えるなどして、中性脂肪を下げる作用もあります。

 

さらに、血液を固まりにくくして血栓ができるのを防いだり、血圧を下げる効果もあります。したがって、血管障害の、動脈硬化や、心筋梗塞や脳梗塞の予防もしてくれます。

 

このようにDHAは青魚によく入っています。鮮度も重要ですのでできれば買ってからすぐに1匹まるごと食べてしまうのがいいでしょう。刺身で食べればDHAの成分は100%とり入れることができますし、熱しても損失は20%ほどですから、煮た時などは汁も全部飲んでみましょう。