魚 DHA

魚とDHA

DHAは、いろいろな効果をもたらしてくれますがその一つとして、血液中の中性脂肪値を下げる効果があるとして特定保健用食品にも使われています。

 

DHAいわしさんまマグロなどの魚に多く含んでいることがわかっています。

 

これらのをコンスタントに摂取することによって、DHAを効率よく体内に入れることができます。DHAは理想的には、1日の適量摂取量が1グラムと言われていますのでこれを目標に摂取していきましょう。

 

DHA血圧を下げたり血管障害についての予防になったり、目にもよいとされています。
このDHAは、に特有なもので、牛や豚、鶏などの肉類や牛乳にはほとんど含まれていません。

 

さらに人体で、DHAを作り出すことができません。
いままで肉類中心の食生活を送ってきた人には魚をどんどん食事に入れて習慣付けをしていきましょう。

 

dha

 

生臭いのが苦手の人には、魚の缶詰からDHAを摂取する方法もあります。
いわしやさばなどおいしい缶詰も多く、種類も豊富です。

 

汁の中にDHAは多く含んでいるので、積極的に買って食べていきたいものです。
魚は刺身煮付けや、焼いたりなどしてバリエーション豊富に楽しめるのでDHAも摂取しやすいでしょう。

 

dha

 

味付け、缶詰などでは塩分を多く含んでいるのもあるので血圧高めの人は表記などに注意してなるべく塩分低めのものを選ぶとよいでしょう。

 

日本人にとっては身近な食品であり、DHAの含有量が多いのでどんどん積極的に食べていきましょう。
私は刺身が好きですが、さすがに毎日は無理です(汗)