DHAとの相乗効果成分

DHAは、脳の中でリン脂質として存在しています。
リン脳組織のうち脂質の割合は、大脳髄質(脳の中心に近い内部)で約55%、大脳皮質(大脳の表面に近い部分)で30%強です。

 

そのうちリン脂質は、大脳髄質で25%程度、大脳皮質では23%弱となっています。
またリン脂質は、ニューロンと呼ばれる脳細胞全体の膜をつくる物質です。

 

ニューロンは表面からシナプスと呼ばれる樹状突起を伸ばして、脳内をいろいろ情報伝達の一つです。この突起を伸ばしたり維持したりするのに必要なのがリン脂質であるのです。

 

DHAは脳細胞を作り充実させるのに欠かせない物質なのです。
このDHAを摂取することによって、脳にもいい影響があると言われています。

 

リン脂質に関係するものとしては、大豆からとれる高純度の植物性ホスファチジルセリンがあります。

 

これをDHAを一緒に取ることによって、老化などの脳の機能の低下を改善・維持するうえで重要な役割を果たすことが期待できます。

 

この他にDHA血液をサラサラにする効果から、さまざまな血液疾患の予防もしてくれます。高血圧・動脈硬化の予防などもあります。

 

DHAは一日1gの摂取することが望ましいとされていますので、その多くを含む青魚を積極的に食べたいところです。

 

ただし魚には水銀などの物質が含んでいることもあるので、妊婦さんなどは魚の種類や産地や量などに注意する必要があります。

 

もちろんDHAだけではなく、相乗効果を狙って、ホスファチジルセリンやブルーベリーなども取っていけば脳や目にもよい効果をもたらしくれるものと思います。

続きを読む≫ 2013/12/05 10:38:05

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、魚の脂肪に多く含まれる不飽和脂肪酸です。
青魚に含まれていますが特にマグロなどの魚の眼窩油(眼の後にある油)に多く含まれていることがわかっています。

 

DHAを摂取することによって、高血圧や動脈硬化の予防に役立つとともに目などにもよいとされています。
これと同時に相乗効果のあるものを摂取していけば将来のための健康維持のためによいものとなるでしょう。

 

その一つとしてブルーベリーがあります。ツツジ科の落葉小低木で、原産地は北米からカナダにかけての一帯で収穫されます。

 

dha

 

夏から初秋にかけて鮮やかな濃い青紫色の実を結ぶ小果実などで、よくジャムなどでパンにつけて食べる人も多いでしょう。、15種類のアントシアニンが含まれています。

 

ある研究によると、眼精疲労を訴える患者にブルーベリーエキスを一日量62.5mg使用したところ、眼の疲れや痛みが軽減など有効であったという報告があります。

 

dha

 

視力回復効果や眼の疲労感の自覚症状の改善に有効であるということが報告されています。

 

また別の研究では、白内障にも大きな効果があるとのことで、「抗酸化力が野菜や果実の中でも横綱級のブルーベリーで白内障の直る人が多い」ということも言われています。

 

一方、ブルーベリーには強力な抗酸化作用があるので、酸化しやすいDHAと一緒に摂取することによってDHAの効果も引き出してくれることでしょう。これからはDHAと一緒にブルーベリーも摂取いきたいものです。

続きを読む≫ 2013/12/02 10:37:02

脳の神経細胞の膜では、脳の栄養素とも言われているリン脂質の10%前後をPS(ホスファチジルセリン)という成分が占めているとされています。

 

このPS(ホスファチジルセリン)は、脳の血の流れを改善し、脳の細胞間の情報伝達をスムーズにしてくれると言われています。

 

PS(ホスファチジルセリン)は、セリンというアミノ酸のリン酸塩に脂肪酸が結合した物質です。
人体細胞を構成するレシチンをはじめとする、各種リン脂質の中では微量脂質です。

 

アメリカでは、PS(ホスファチジルセリン)は「脳を蘇生させる健康素材」としてとても有名な成分です。

 

しかし、普通の食品には極微量にしか存在しないため、毎日の食事からはなかなか十分な摂取ができないものとなっています。

 

最近の研究により、大豆から高純度の植物性ホスファチジルセリンを作り出すようになってきました。
具体的な効果としては、老化などの脳の機能の低下を改善・維持するうえで重要な役割を果たします。

 

加齢とともに記憶力や集中力が衰えていたりするものですがPS(ホスファチジルセリン)は効果があるものとなっています。

 

また、精神不安などの症状や、脳の神経細胞が大量に死滅している認知症の人にも、症状の改善や克服に効果かがあると期待されています。

 

これと青魚に多く含んでいるDHAを一緒に摂取すれば、血管障害の予防に適していますので、十分な効果が相乗的に得られると思いますよ。
これからはDHAと一緒にPSも摂取しましょう。

続きを読む≫ 2013/09/23 10:36:23

ARA(アラキドン酸)DHA(Docosahexaenoic acid)は、体の健康維持に必要なために毎日の食事によって補給したいものです。

 

ARA(アラキドン酸)はその一部がエタノールアミンという化合物と結合すると、アナンダマイドという物質に変わると言われています。

 

脳内でアナンダマイドがつくられると、不安や恐れが軽減したり、幸福感・多幸感を感じるということがわかってきました。

 

dha

 

研究によると記憶、言語、注意といったヒトの「高次脳機能」の評価として用いられる神経心理テストによってARA(アラキドン酸)は「もの忘れ」の改善効果があったことが検証されています。

 

ARA(アラキドン酸)を多く含むのは豚レバーや牛レバーや卵など。

 

また鶏のももや豚ももなどに含まれています。加齢とともにARA(アラキドン酸)は少なくなることがわかっているのでARA(アラキドン酸)を意識して積極的に摂取していくことを考えていかなくてはいけません。

 

ARA(アラキドン酸)は脳の細胞膜を構成し、細胞膜をしなやかに保つ働きがあるとされています。脳にある海馬をご存じでしょうか?

 

dha

 

記憶と学習に関わる部分ですが、海馬とARA(アラキドン酸)についてはいろいろな密接な関係がるとのことです。

 

また、ARA(アラキドン酸)と同時にDHAを摂取していけば、健康予防として効果の体ものとなってきます。
DHAはいわしやサバなどの青魚に多く含んでいます。DHAを摂取すれば、血液をサラサラにして動脈硬化などの血管障害の予防にも作用すると言われています。

続きを読む≫ 2013/09/19 10:36:19

コレステロール・・・健康診断や人間ドックなどを受診したことがある人ならば聞いたり、結果表でその数値を確認した人多いのではないでしょう。
このコレステロールには善玉コレステロール(HDLコレステロール)、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)があります。

 

悪玉コレステロールは、コレステロールを体内に供給する役割をしていますが、増加しすぎると血管にどんどん蓄積されて、血管をつまる原因になり動脈硬化を進行させてしまいます。

 

また中性脂肪が増えすぎると悪玉コレステロールが増える原因にもなってきます。
善玉コレステロールは、血管などの体内に蓄積されたコレステロールを排出してくれるので、動脈硬化を予防します。

 

「エスキモーやイヌイットなどの魚を主食とする人々には動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの病気が大幅に少ない」ことを聞いたことはないでしょうか?

 

これを調べた結果、なぜこのように少ないかというと魚に含まれるDHAEPAの働きだということがわかってきました。

 

この作用とはDHAEPAの働きにより「血を固まりにくくしたりする」(特にEPA)、「悪玉コレステロールを減らし、血をサラサラにしたりする」(特にDHA)、という効果がありさらに「中性脂肪を減らす」などの働きをするからなのです。

 

この結果、脳卒中や心筋梗塞になりにくくします。また悪玉コレステロールや中性脂肪を減らすことで、高脂血症・動脈硬化などの成人特有の症状を防いでくれます。

 

DHAを摂取することによって、悪玉コレステロールを減らして健康になりましょう。

続きを読む≫ 2013/08/05 10:35:05

DHAEPAを聞いたことがある人でもオメガ-3脂肪酸を聞いたことがある人は少ないと思います。
必須脂肪酸を炭素の2重結合の位置から区別して、オメガ-6、オメガ-3などと呼びます。

 

ちょっと聞きなれない言葉ばかりですが、リノール酸の系列がオメガ-6で、アルファ・リノレン酸系列の脂肪酸がオメガ-3です。

 

dha

 

『オメガ』とはギリシャ語アルファベットの最後の文字です。なんとなくかっこいいですよね。
オメガ-3とは脂肪酸の端から数えて3番目の炭素に2重結合があるという意味です。

 

オメガ3に分類される脂肪酸には、青魚に含まれるDHAEPAやえごまに含まれるαリノレン酸があります。

 

オメガ3脂肪酸が入っている食品は青魚をはじめ、えごま油、シソ油、亜麻仁油、くるみ、緑黄色野菜、豆類などの食品から摂取することができます。

 

青魚では、イワシ、サバ、ニシン、ブリ、カツオ、マグロ、サケなどに含有されています。
また、キャノーラオイル、クルミ、フラックスシード(亜麻の実)などにもオメガ-3は含まれています。

 

dha

 

これらのオメガ-3脂肪酸は、血液を固まりにくくしてサラサラにする働きがあるので、心臓病の多いアメリカでは積極的にサプリメントとして取ることがあります。

 

ただし、1日3グラム以上のオメガ-3を取る場合には、人によっては出血が多くなることが起り得るので医師のチェックが必要だということをFDA(アメリカ食品医薬品局)では発表しています。

 

またこのように健康に効果のあるオメガ3脂肪酸ですが、青魚を食べる注意点としては、水銀やダイオキシンのような有害物質を体内に残っている場合が多いので特に妊婦、授乳中の母親などは量を控えるなどの注意が必要です。

続きを読む≫ 2013/08/01 10:33:01

イチョウ葉のことについてその効果を知っている人が最近では増えてきました。

 

イチョウ葉の成分として、フラボノイドギンコライドなどの健康成分が多く含まれており、その効果は血流改善することがわかっています。

 

特に脳などのや毛細血管の血行に大きな効果があって、認知症(ボケ),高血圧,耳鳴り,神経痛,頻尿,冷え性,アレルギー,花粉症の改善などいろいろな効果が認められています。

 

注脳の血流が良くなるために仕事や勉強などの集中力が増して大変役に立ちます。
こういう有効な成分のイチョウ葉とDHAを一緒に取ることによって、DHAの効果も加わりいろりろな健康に相乗効果を生んできます。

 

DHAは、サンマやマグロなどの魚に多く含んでいて、それを体内に摂取することよって、動脈硬化の予防高脂血症の改善血栓の抑制高血圧の抑制や抗アレルギー抗炎症作用アトピーの改善など、さまざま効果があります。

 

DHAイチョウ葉の成分を一緒に取ることによって、脳も活性化してくるかもしれませんよ。DHAは酸化すると、その効果もなくなってしまうのでなるべく新鮮なうちに調理して体内に入れましょう。

 

刺身ならばDHAも多く含んでいて大変効果的です。またサンマやサバなどの缶詰も新鮮な魚と同様なDHAを含んでいるのでできれば汁ごと食べてしまいましょう。

 

その際にはくれぐれも塩分の摂りすぎには注意してください。そしてイチョウ葉の成分も一緒に取れば、申し分ないです。
これからはDHAイチョウ葉ですね。

続きを読む≫ 2013/06/24 10:33:24

DHAEPAは分子構造も似ていてその効果も同様なものが多いです。
血中の中性脂肪や悪玉コレステロール(LDL)を減らしてくれてその結果、
動脈硬化や血栓症を予防してくれるのでメタボリックシンドロームの方などは将来の健康のために積極的にDHAEPAを摂取していく方がいいと思います。

 

これらの成分は魚に多く含まれています。
摂取する場には一番いいのは刺身で直接食べる方がいいでしょう。

 

DHAを損失することなく体内に摂取することができます。

 

あとは、煮た時などはある程度DHAは減ってしまいますがその分その煮汁にDHAが含まれていますのでなるべく煮汁も多く取った方がいいでしょう。

 

dha

 

DHAEPAを多く含む魚を調理する場合の注意点として、なるべく新鮮なうちに調理することです。どうしてかというとDHAEPAは空気に触れると酸化されやすいからです。

 

酸化するとDHAEPAの効果が悪くなってしまいます。
もうひとつ、DHAEPAを摂取する場合のコツとしては、セサミンと一緒に摂取することです。

 

セサミンはごまに含まれている成分でアンチエイジングなど若返りなどの健康維持に効果があるために最近話題になっています。

 

このセサミンには抗酸化作用があるので、DHAEPAを一緒に取れば酸化を防いでくれますよ。

 

これによって、DHAEPAの効果的な成分を損なうことなく、体内に摂取することができて、高血圧や動脈硬化などの予防につながり健康的な生活ができるようになりますよ。

 

dha

 

効果的にDHAEPAを摂取するのならセサミンをお忘れなく!

続きを読む≫ 2013/06/10 10:31:10

セサミンという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
セサミンはゴマに含まれている成分ですが、、ゴマ一粒に僅か1%未満しか含まれないたいへん稀少な成分です。

 

抗酸化作用をはじめ、このセサミンDHAを摂取するうえで重要な役割を果たしているのです。
DHAは、その効果は抜群で高血圧や脳や心臓などの血管疾患の予防に立つことが知られています。

 

しかし、欠点があり酸化してしまうと効果がないばかりか逆効果になってしまいます。
そのためにもDHAを多く含む魚から摂る場合には、新鮮なうちに食べないといけません。

 

酸化とは、空気に触れることで物質に酸素が化合する反応ですので、なるべく早いうちに調理して食べなければいけません。

 

せっかく、メタボリックシンドロームの人が動脈硬化やら高血圧心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病など予防効果があると言われているDHAを大量に摂取したとしても、新鮮なうちではなかったらDHAが酸化して効き目がないものとなってしまいます。

 

セサミンには、この酸化を防ぐ抗酸化作用があり、単体で摂取しても体を酸化から守る効果がありことがわかっています。

 

DHAセサミンを一緒にとれば通常DHAを摂取すればある程度の酸化が生じて、DHAの量が少なくなってしまいますがセサミンと一緒に摂取することによって、酸化を防止してくれますよ。

 

ですから、ただ単にDHAだけを摂取するのではなく、その効果を継続させるためにもセサミンも一緒に摂取するように心がけましょう。

続きを読む≫ 2013/05/08 10:30:08

EPADHAは分子構造も非常に良く似ている2つの栄養素です。
共通した効果の点としては、両方とも、血管障害の予防になります。

 

たとえば血中の中性脂肪悪玉コレステロール(LDL)を減らして動脈硬化血栓症を予防脳や心臓の血管疾患の予防してくれます。

 

dha

 

効果的な点では、悪玉コレステロールを減らす効果は、DHAの方がEPAよりも高い効果が得られています。
また、中性脂肪を減らしたり、血栓症を予防する効果は、EPAの方がより高いものとなっています。

 

他の効果としては、DHAEPAはガンの発生に関係するアラキドン酸とう成分の働きやその合成を抑えて、結果としてガンを予防します。

 

効果の違いとしては、DHA、ガンの発生の予防のほかに、ガンの転移や抗ガン剤の副作用を抑える効果もあることがわかっています。

 

このことからもDHAは、EPAより抗ガン作用が高いと考えられています。

 

EPADHAの大きな違いとしては、EPAは、脳の入り口である”脳関門”を通過できないので、DHAだけの効果として次のようなものがあります。

 

DHAには記憶力や学習能力を高める効果があります。

 

dha

 

DHAは神経細胞の先端(シナプス)に多く含まれ、脳の活動をスムーズにするとともに、、神経の興奮を鎮めて精神を安定させる効果もあります。

 

また、死んでしまった神経細胞を修復したり、脳に必要なタンパク質の合成を、増やす効果がありアルツハイマー症や認知症を改善することがわかっています。

 

このようにどちらか一方取るのではなく、両方を摂取していくことが大切です。

続きを読む≫ 2013/05/08 10:28:08