セサミンDHA

セサミンDHA

セサミンという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
セサミンはゴマに含まれている成分ですが、、ゴマ一粒に僅か1%未満しか含まれないたいへん稀少な成分です。

 

抗酸化作用をはじめ、このセサミンDHAを摂取するうえで重要な役割を果たしているのです。
DHAは、その効果は抜群で高血圧や脳や心臓などの血管疾患の予防に立つことが知られています。

 

しかし、欠点があり酸化してしまうと効果がないばかりか逆効果になってしまいます。
そのためにもDHAを多く含む魚から摂る場合には、新鮮なうちに食べないといけません。

 

酸化とは、空気に触れることで物質に酸素が化合する反応ですので、なるべく早いうちに調理して食べなければいけません。

 

せっかく、メタボリックシンドロームの人が動脈硬化やら高血圧心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病など予防効果があると言われているDHAを大量に摂取したとしても、新鮮なうちではなかったらDHAが酸化して効き目がないものとなってしまいます。

 

セサミンには、この酸化を防ぐ抗酸化作用があり、単体で摂取しても体を酸化から守る効果がありことがわかっています。

 

DHAセサミンを一緒にとれば通常DHAを摂取すればある程度の酸化が生じて、DHAの量が少なくなってしまいますがセサミンと一緒に摂取することによって、酸化を防止してくれますよ。

 

ですから、ただ単にDHAだけを摂取するのではなく、その効果を継続させるためにもセサミンも一緒に摂取するように心がけましょう。