DHA EPA セサミン

DHA EPA セサミン

DHAEPAは分子構造も似ていてその効果も同様なものが多いです。
血中の中性脂肪や悪玉コレステロール(LDL)を減らしてくれてその結果、
動脈硬化や血栓症を予防してくれるのでメタボリックシンドロームの方などは将来の健康のために積極的にDHAEPAを摂取していく方がいいと思います。

 

これらの成分は魚に多く含まれています。
摂取する場には一番いいのは刺身で直接食べる方がいいでしょう。

 

DHAを損失することなく体内に摂取することができます。

 

あとは、煮た時などはある程度DHAは減ってしまいますがその分その煮汁にDHAが含まれていますのでなるべく煮汁も多く取った方がいいでしょう。

 

dha

 

DHAEPAを多く含む魚を調理する場合の注意点として、なるべく新鮮なうちに調理することです。どうしてかというとDHAEPAは空気に触れると酸化されやすいからです。

 

酸化するとDHAEPAの効果が悪くなってしまいます。
もうひとつ、DHAEPAを摂取する場合のコツとしては、セサミンと一緒に摂取することです。

 

セサミンはごまに含まれている成分でアンチエイジングなど若返りなどの健康維持に効果があるために最近話題になっています。

 

このセサミンには抗酸化作用があるので、DHAEPAを一緒に取れば酸化を防いでくれますよ。

 

これによって、DHAEPAの効果的な成分を損なうことなく、体内に摂取することができて、高血圧や動脈硬化などの予防につながり健康的な生活ができるようになりますよ。

 

dha

 

効果的にDHAEPAを摂取するのならセサミンをお忘れなく!