コレステロール DHA

コレステロールとDHA

コレステロール・・・健康診断や人間ドックなどを受診したことがある人ならば聞いたり、結果表でその数値を確認した人多いのではないでしょう。
このコレステロールには善玉コレステロール(HDLコレステロール)、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)があります。

 

悪玉コレステロールは、コレステロールを体内に供給する役割をしていますが、増加しすぎると血管にどんどん蓄積されて、血管をつまる原因になり動脈硬化を進行させてしまいます。

 

また中性脂肪が増えすぎると悪玉コレステロールが増える原因にもなってきます。
善玉コレステロールは、血管などの体内に蓄積されたコレステロールを排出してくれるので、動脈硬化を予防します。

 

「エスキモーやイヌイットなどの魚を主食とする人々には動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの病気が大幅に少ない」ことを聞いたことはないでしょうか?

 

これを調べた結果、なぜこのように少ないかというと魚に含まれるDHAEPAの働きだということがわかってきました。

 

この作用とはDHAEPAの働きにより「血を固まりにくくしたりする」(特にEPA)、「悪玉コレステロールを減らし、血をサラサラにしたりする」(特にDHA)、という効果がありさらに「中性脂肪を減らす」などの働きをするからなのです。

 

この結果、脳卒中や心筋梗塞になりにくくします。また悪玉コレステロールや中性脂肪を減らすことで、高脂血症・動脈硬化などの成人特有の症状を防いでくれます。

 

DHAを摂取することによって、悪玉コレステロールを減らして健康になりましょう。