DHA ARA

DHとARA

ARA(アラキドン酸)DHA(Docosahexaenoic acid)は、体の健康維持に必要なために毎日の食事によって補給したいものです。

 

ARA(アラキドン酸)はその一部がエタノールアミンという化合物と結合すると、アナンダマイドという物質に変わると言われています。

 

脳内でアナンダマイドがつくられると、不安や恐れが軽減したり、幸福感・多幸感を感じるということがわかってきました。

 

dha

 

研究によると記憶、言語、注意といったヒトの「高次脳機能」の評価として用いられる神経心理テストによってARA(アラキドン酸)は「もの忘れ」の改善効果があったことが検証されています。

 

ARA(アラキドン酸)を多く含むのは豚レバーや牛レバーや卵など。

 

また鶏のももや豚ももなどに含まれています。加齢とともにARA(アラキドン酸)は少なくなることがわかっているのでARA(アラキドン酸)を意識して積極的に摂取していくことを考えていかなくてはいけません。

 

ARA(アラキドン酸)は脳の細胞膜を構成し、細胞膜をしなやかに保つ働きがあるとされています。脳にある海馬をご存じでしょうか?

 

dha

 

記憶と学習に関わる部分ですが、海馬とARA(アラキドン酸)についてはいろいろな密接な関係がるとのことです。

 

また、ARA(アラキドン酸)と同時にDHAを摂取していけば、健康予防として効果の体ものとなってきます。
DHAはいわしやサバなどの青魚に多く含んでいます。DHAを摂取すれば、血液をサラサラにして動脈硬化などの血管障害の予防にも作用すると言われています。