DHA ブルーベリー

DHAとブルーベリー

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、魚の脂肪に多く含まれる不飽和脂肪酸です。
青魚に含まれていますが特にマグロなどの魚の眼窩油(眼の後にある油)に多く含まれていることがわかっています。

 

DHAを摂取することによって、高血圧や動脈硬化の予防に役立つとともに目などにもよいとされています。
これと同時に相乗効果のあるものを摂取していけば将来のための健康維持のためによいものとなるでしょう。

 

その一つとしてブルーベリーがあります。ツツジ科の落葉小低木で、原産地は北米からカナダにかけての一帯で収穫されます。

 

dha

 

夏から初秋にかけて鮮やかな濃い青紫色の実を結ぶ小果実などで、よくジャムなどでパンにつけて食べる人も多いでしょう。、15種類のアントシアニンが含まれています。

 

ある研究によると、眼精疲労を訴える患者にブルーベリーエキスを一日量62.5mg使用したところ、眼の疲れや痛みが軽減など有効であったという報告があります。

 

dha

 

視力回復効果や眼の疲労感の自覚症状の改善に有効であるということが報告されています。

 

また別の研究では、白内障にも大きな効果があるとのことで、「抗酸化力が野菜や果実の中でも横綱級のブルーベリーで白内障の直る人が多い」ということも言われています。

 

一方、ブルーベリーには強力な抗酸化作用があるので、酸化しやすいDHAと一緒に摂取することによってDHAの効果も引き出してくれることでしょう。これからはDHAと一緒にブルーベリーも摂取いきたいものです。