DHAの改善効果・効能

DHAを摂取すると頭が良くなるということをよく聞きます。

 

DHAの脳内での働きは脳の神経細胞が情報を伝達するうえで重要な役割をしているために脳の情報伝達が効率化するそうです。

 

dha

 

ある研究では妊娠中と母乳を与えている間に、母親がドコサエキサエン酸(DHA)を含むタラの肝油を摂っていると、子供の知能指数IQが高くなるという報告がなされました。

 

またノルウェーでは、妊婦が妊娠第3期から出産後3ヶ月(母乳)までDHAを含むタラ肝油のサプリメントを服用した結果が発表されました。

 

それによりますと、子供が4歳まで成長した時に知能指数IQ検査をすると、タラ肝油群48人の平均が106.4でコーン油群36人の平均の102.3よりも高いことが示されまた、生まれた子供にタラ肝油を飲ませても知能指数に差は認められなかったとのことです。

 

これだけ見ますと、直接子供にDHAを摂取させるよりは、妊娠中または母乳時期にお母さんが摂取すれば効果がありそうです。

 

dha

 

しかしながら、DHAはいろいろな健康維持のために効果を示してくれます。
高血圧や動脈硬化の予防やがんやインフルエンザにも効果があることが分かってきました。

 

そのためにも、お子さんや自分自身にも積極的にDHAを摂取していただきたいと思います。
一日のDHAの摂取したい目安は1gです。青魚を普通に食べていければ大丈夫な量です。

 

また缶詰でもDHAは十分な量があるので青魚の缶詰は用意しておきたいものです。
また今ではいろいろなサプリメントもあるので、自分に合ったものを購入してDHAを摂取しましょう。

続きを読む≫ 2013/12/06 10:47:06

DHAは脳の神経伝達物質にも関係しています。
脳の神経細胞が情報を伝達するうえでDHAは重要な役割をしているそうです。

 

DHAを摂取することによって、神経伝達物質の量や質も良くなり、脳の情報伝達が活発化して記憶能力などがアップするものと思われています。

 

受験にも効果があります。

 

このDHAは、青魚に多く含んでいます。脳のためにもDHAを摂取してもらいたいのはお子さんということになると思います。

 

1日1gがDHAの摂取量の目安とされていますが、毎日この量を摂取するのはなかなか難しいものがあります。

 

一番効率よく摂取できるのは、青魚の刺身です。
DHAは酸化しやすいので新鮮なうちに摂取するように心がけましょう。

 

また煮た場合などは、煮汁に溶け込んだりしますので汁ごと飲むのもDHAを効率よく体内に入れる方法としてはいいです。

 

また、お子さんはなかなか魚を毎日食べるというのも難しいでしょう。
また調理するのも大変だと思います。毎日刺身とういうわけにもいけませんよね(笑)

 

調理が面倒な時は、サバやいわしなどの缶詰でも十分DHAを摂取することが可能です。

 

DHAEPAと同様な不飽和脂肪酸の一種ですが、動脈硬化の原因になる悪玉コレステロール中性脂肪を減少させることにより、その結果として血液をサラサラにしてくれます。

 

脳への供給もスムーズなると考えられます。

 

このようにDHAを摂取することにより、健康的にも学習の効率化にも効果をもたらしてくれますので積極的に食事などで摂っていきたいものですね。

続きを読む≫ 2013/09/29 10:46:29

最近では便秘解消のためにDHAを摂取する人も多くなってきているみたいです。

 

今ではテレビやインンターネットの通販番組ではよくDHAのサプリメントを販売しているのを見ることが多くなってきました。

 

DHAは通常の食品では、サバやいわしなどの魚に含まれているいるのがわかっています。
毎日のようにこれらの魚を食べていければ、DHAの効果により便秘の他に、

 

血圧をサラサラにしてくれるので高血圧や高脂血しょう、また動脈硬化などを予防する効果が認められています。

 

dha

 

また最近の研究では、がんに対しても効果がありまたアトピーにも効果があることが分かってきているのです。

 

目標としては1日1gのDHAの摂取が理想的であると考えられています。
これを毎日の魚から摂取するのはちょっとむずかしいかもしれません。

 

またDHAは、酸化しやすいことから魚を食べる場合には新鮮のうちに食べることを心がけましょう。
刺身がDHAを損失させないで吸収できるのでいいと思います。

 

その他では青魚の缶詰でもDHAを必要量含んでいますので、スーパーの安売りの時などにまとめ買いしておけばいいでしょう。

 

dha

 

缶詰の汁にもDHAは含んでいるので、一緒に飲んでしまいましょう。
その際、塩分の取りすぎには注意が必要です。

 

また抗酸化食品と一緒に食べるののも効果があります。

 

このように、毎日無理せずにDHAを取ることが可能です。
また、魚が苦手の方にはDHAサプリメントも豊富にありますので自分に合ったものを選らんで摂取していきましょう。

続きを読む≫ 2013/09/27 10:45:27

アトピーとは体内に侵入したアレルゲン(アレルギーの原因となる食べものやダニ、ハウスダスト、花粉など)に対して過敏に反応し、これを排除しようと免疫グロブリンE(IgE)抗体を作り出す体質のことを言います。

 

またアトピーとは、「通常、健康な人に見られない異常な過敏反応」ともいいます。

 

抗体が作られた体にほこりなどのアレルゲンが侵入すると、免疫細胞からアレルギーや炎症を引きおこす化学物質(メディエーター)が生産され、炎症などのアレルギー反応が起こるとされています。

 

DHAにはその化学物質がつくられるのを抑制する働きがあることが最近の研究でわかってきました。

 

ですから日常的に青魚などからDHAを摂取していくことでアトピーなどのアレルギーに対抗していくことが可能になってきました。

 

その他にもDHAに健康の維持のためにさまざまな効果があることがわかってきています。

 

血液中の中性脂肪やコレステロール濃度を低くして、血液をサラサラにして高血圧の予防をしたり、脳の神経細胞のシナプスに含まれ、情報伝達をスムーズに行かせる働きもあるのです。

 

毎日魚ばかりは無理という方には、DHAのサプリンメントをオススメします。これだと一日1,2回飲むだけですので手軽にDHAを摂取していくことが可能です。

 

これからの健康維持のためにも、アトピーから身を守るためにも1日1gのDHAを摂取できるように心がけていきましょう。そうすることによって、いろいろな効果をもたらしてくれると思いますよ。

続きを読む≫ 2013/08/12 10:44:12

DHAは、いわし、あじ、さば、さけ、にしん、などの「青背の魚」の脂肪に多く含まれていると言われています。

 

その効果は、血液中のコレステロールや中性脂肪を抑えたり、血圧を下げる作用がありますので、その結果として脳卒中や心筋梗塞などの血管が詰まって起きる病気は防ぐことが出来るようになってくるのです。

 

また最近の研究では、がんの予防や治療の効果を高めることが分かってきました。

 

dha

 

あるデータによると、毎日魚を食べている人は、そうでない人に比べ大腸がん乳がん前立腺がんなど欧米型のがんになりにくいという研究結果がEPADHAの豊富な魚油を多く摂取すると前立腺がんのリスクを半分程度まで減らせることも報告しています。

 

その他にはDHAは腫瘍血管の新生を阻害して増殖を抑制し、がん細胞の肺への転移を防ぐことが報告されています。
どのくらいのDHAの量を摂取すればいいのかというと、1日に1から2グラムが適量と言われています。

 

たとえば、1グラム取るのにイワシなら二尾、アジやサンマなら一尾、マグロの中トロで4〜5切れで必要量を摂取することができます。

 

週に少なくとも1回魚を食べている者は心臓発作などによる突然死が52%低下していることが分かっています。

 

dha

 

魚のDHAなどのω-3系の高度不飽和脂肪酸が血流を促し、心臓での凝血を抑制しているもの考えられています。
このように、青魚をとっていけば様々なプラスの効果があります。是非1日1g目指してして摂取していきませんか?

続きを読む≫ 2013/08/08 10:43:08

血液サラサラ効果があるというDHAEPAは主にマグロ、イワシ、サバなどの青魚で摂取しできるので手軽だとは思いますが痛風の人には注意が必要です。

 

プリン体は「痛風」の原因物質として働くので、プリン体を多く含む青魚などはその量に注意すべきでしょう。
 痛風は足の指の関節、膝、足首の関節などが赤く腫れ、痛みを発する病気です。

 

その名の通り、痛みは激烈で、「風が吹いても痛い」ことから痛風と名付けられたほどです。
そのままに放置しておけば、内臓疾患にも及び、様々な合併症を発生してしまう大変怖い病気です。

 

痛風の仕組みは、プリン体を摂りすぎると余計な分が、尿酸という化合物に変換されます。

 

尿酸は非常に水に溶けにくいため、関節などに鋭くとがった結晶として存在すると関節を動かすととがったギザギザがこすれ、強烈な痛みとして発症します。

 

痛風の方や痛風予防に取り組む方は青魚などのプリン体を多く含むものを摂取するときには、魚の量や部位などに注意を払いましょう。

 

ただ今ではDHAのサプリンメントもいろりろな種類のものが出回っています。

その中にはプリン体を少ないものもありますので、痛風
予防のためにはこういったサプリメントを購入していきましょう。

 

そうすれば、DHAの血管障害の予防やインフルエンザ、うつ病などにも効果があるとされているDHAを安心して一定量を摂取することができるようになりますよ。

 

目安としては1日1gが良いとされていますのでこれを目標に摂取しましょう。

 

オススメDHAサプリメントは?

痛風には、DHAが効果ありますが、「どのDHAサプリメントがいいの?」と思っている方に、参考になるサイトを紹介しましょう。

 

安心して飲めるDHAサプリがランキングされています。

 

購入の際に助かりますよ。
↓↓
おすすめサイト>>dhaサプリメント.jp<<

続きを読む≫ 2013/06/28 10:42:28

秋田大学の動物実験の研究によりますと、重症インフルエンザを治す効果として、DHAが効き目があることがわかりました。
DHAはサバやアジの脂に多く含まれていますので、普通の食事として体内に摂取することが可能です。

 

研究は、DHAの分解途中でできるプロテクチンD1(PD1)という化学物質の治療効果を調べたものです。
インフルエンザウイルスをマウス6匹の鼻の中に直接感染させ、感染の12時間前と直後にPD1を静脈注射した。

 

その結果は、PD1を静脈注射した6匹とも生き残ったということです。

 

dha

 

また、マウス6匹の肺に直接ウイルスを感染させて呼吸不全を起こし、重症インフルエンザ患者と似た状態にした場合、抗ウイルス薬を感染48時間後に点滴しても2割しか救命できなかったものが、プロテクチンD1(PD1)を加えるとすべてが回復したそうです。

 

その仕組みはというと、インフルエンザウイルスは遺伝情報を担うRNA(リボ核酸)が細胞の核に入った後、増殖して核の外にでて、さらに細胞の外へ出ます。

 

PD1はRNAが核から出るのを防ぐことが分かってきました。

 

dha

 

このようにインフルエンザにも効果があることがわかったDHAですが、もちろんこれ以外にもいろいろな優れた効果を私たちの体に及ぼしてくれます。

 

血管をサラサラにしてくれる効果から、高血圧の人には下げてくれる効果がありますし、動脈硬化や脳や心臓の血管障害の予防もしてくれます。

 

このことからも日ごろからDHAを摂取していきたいですね。

続きを読む≫ 2013/06/10 10:41:10

うつ病に関しては、テレビやインターネットでも話題になっていますが身近な問題として学校や会社などでも増えてきているのが現状です。

 

仕事のプレッシャーなどからくるストレス、職場の人間関係などでうつ病になっていく人も多いみたいです。
学校では長期に休んだり、引きこもったり、また会社では休職になったり辞めたりする人も多いみたいです。

 

うつ病は外見的にはわからないので、とくにやっかいですよね。
最近では不景気が影響しての失業や経営がうまくいかないなどが原因でうつ病にかかる人も多いみたいです。

 

最近の研究により魚油に多く含まれるDHAうつ病に対して有効であるというデータが研究が発表されるようになってきました。

 

DHAは脳内でセロトニンの働きを高める作用があると言われています。
うつ病になる人は、脳内でのセロトニンの量が減少していることがわかっています。

 

セロトニンが減少することによりやる気がでなかったり、無気力になったりすることが多いみたいです。

 

DHAを摂取していると神経伝達物質セロトニンに作用して、うつ病などの疾患の緩和に役立っていると考えられるようになってきました。

 

うつ病の治療には一般的には、薬物療法に頼っていることが多いです。
薬だといいのもあり効果も高いようですが、かならず副作用があるものです。

 

この点DHAは普通の食品である魚から摂れるので安心して、摂取することができます。
ただ、魚には水銀などの物質を含んでいる場合もあるので、その産地や量などには注意する必要があります。

続きを読む≫ 2013/05/08 10:41:08

DHAの効果には様々なものがありますがその中で脳に関係するものとして「アルツハイマー型痴呆症」の効果についてご紹介したいと思います。

 

アルツハイマー型痴呆症」は老人性痴呆症の一つです。もう一つはい「脳血管性痴呆症」といって日本人に多いです。

 

アルツハイマー型痴呆症」は、欧米人に多い傾向にあることから、魚をあまり食べないことからくるDHAの関係によるものとの推測がなされていました。

 

dha

 

1991年に行われた調査では、アルツハイマー病で死亡した人の海馬付近のリン脂質中のDHA含有量を調べた結果、7.9%であったのに対し、アルツハイマー病以外で死亡したヒトの海馬付近のリン脂質中のDHA含有量は16.9%という興味深い調査結果が報告されました。

 

ようするに、DHAの含有量が多いほどはアルツハイマー病を抑えている可能性があります。

 

一方、日本人に多い「脳血管性痴呆症」は、脳の血管疾患である脳卒中(脳梗塞や脳出血)が起きて脳細胞が死んでしまうために起こるものですがこれの予防にもDHAは有効です。

 

dha

 

DHAには動脈硬化や血栓の形成を予防し、血管をサラサラにして血圧を下げる働きがあります。
また、脳内にDHAをどんどん補給してあげれば、周りに残っている脳細胞が死んでしまった細胞の分も働いてくれるのです。

 

このようにDHAは、加齢とともに発生しやすい脳疾患の予防に大変有効ですのでなるばく青魚を食べて体内に供給していきましょう。

続きを読む≫ 2013/05/08 10:40:08