DHA アルツハイマー

DHAとアルツハイマー

DHAの効果には様々なものがありますがその中で脳に関係するものとして「アルツハイマー型痴呆症」の効果についてご紹介したいと思います。

 

アルツハイマー型痴呆症」は老人性痴呆症の一つです。もう一つはい「脳血管性痴呆症」といって日本人に多いです。

 

アルツハイマー型痴呆症」は、欧米人に多い傾向にあることから、魚をあまり食べないことからくるDHAの関係によるものとの推測がなされていました。

 

dha

 

1991年に行われた調査では、アルツハイマー病で死亡した人の海馬付近のリン脂質中のDHA含有量を調べた結果、7.9%であったのに対し、アルツハイマー病以外で死亡したヒトの海馬付近のリン脂質中のDHA含有量は16.9%という興味深い調査結果が報告されました。

 

ようするに、DHAの含有量が多いほどはアルツハイマー病を抑えている可能性があります。

 

一方、日本人に多い「脳血管性痴呆症」は、脳の血管疾患である脳卒中(脳梗塞や脳出血)が起きて脳細胞が死んでしまうために起こるものですがこれの予防にもDHAは有効です。

 

dha

 

DHAには動脈硬化や血栓の形成を予防し、血管をサラサラにして血圧を下げる働きがあります。
また、脳内にDHAをどんどん補給してあげれば、周りに残っている脳細胞が死んでしまった細胞の分も働いてくれるのです。

 

このようにDHAは、加齢とともに発生しやすい脳疾患の予防に大変有効ですのでなるばく青魚を食べて体内に供給していきましょう。