DHAの改善効果・効能

DHAとうつ

うつ病に関しては、テレビやインターネットでも話題になっていますが身近な問題として学校や会社などでも増えてきているのが現状です。

 

仕事のプレッシャーなどからくるストレス、職場の人間関係などでうつ病になっていく人も多いみたいです。
学校では長期に休んだり、引きこもったり、また会社では休職になったり辞めたりする人も多いみたいです。

 

うつ病は外見的にはわからないので、とくにやっかいですよね。
最近では不景気が影響しての失業や経営がうまくいかないなどが原因でうつ病にかかる人も多いみたいです。

 

最近の研究により魚油に多く含まれるDHAうつ病に対して有効であるというデータが研究が発表されるようになってきました。

 

DHAは脳内でセロトニンの働きを高める作用があると言われています。
うつ病になる人は、脳内でのセロトニンの量が減少していることがわかっています。

 

セロトニンが減少することによりやる気がでなかったり、無気力になったりすることが多いみたいです。

 

DHAを摂取していると神経伝達物質セロトニンに作用して、うつ病などの疾患の緩和に役立っていると考えられるようになってきました。

 

うつ病の治療には一般的には、薬物療法に頼っていることが多いです。
薬だといいのもあり効果も高いようですが、かならず副作用があるものです。

 

この点DHAは普通の食品である魚から摂れるので安心して、摂取することができます。
ただ、魚には水銀などの物質を含んでいる場合もあるので、その産地や量などには注意する必要があります。