インフルエンザ DHA

インフルエンザとDHA

秋田大学の動物実験の研究によりますと、重症インフルエンザを治す効果として、DHAが効き目があることがわかりました。
DHAはサバやアジの脂に多く含まれていますので、普通の食事として体内に摂取することが可能です。

 

研究は、DHAの分解途中でできるプロテクチンD1(PD1)という化学物質の治療効果を調べたものです。
インフルエンザウイルスをマウス6匹の鼻の中に直接感染させ、感染の12時間前と直後にPD1を静脈注射した。

 

その結果は、PD1を静脈注射した6匹とも生き残ったということです。

 

dha

 

また、マウス6匹の肺に直接ウイルスを感染させて呼吸不全を起こし、重症インフルエンザ患者と似た状態にした場合、抗ウイルス薬を感染48時間後に点滴しても2割しか救命できなかったものが、プロテクチンD1(PD1)を加えるとすべてが回復したそうです。

 

その仕組みはというと、インフルエンザウイルスは遺伝情報を担うRNA(リボ核酸)が細胞の核に入った後、増殖して核の外にでて、さらに細胞の外へ出ます。

 

PD1はRNAが核から出るのを防ぐことが分かってきました。

 

dha

 

このようにインフルエンザにも効果があることがわかったDHAですが、もちろんこれ以外にもいろいろな優れた効果を私たちの体に及ぼしてくれます。

 

血管をサラサラにしてくれる効果から、高血圧の人には下げてくれる効果がありますし、動脈硬化や脳や心臓の血管障害の予防もしてくれます。

 

このことからも日ごろからDHAを摂取していきたいですね。