DHA 痛風

DHAと痛風

血液サラサラ効果があるというDHAEPAは主にマグロ、イワシ、サバなどの青魚で摂取しできるので手軽だとは思いますが痛風の人には注意が必要です。

 

プリン体は「痛風」の原因物質として働くので、プリン体を多く含む青魚などはその量に注意すべきでしょう。
 痛風は足の指の関節、膝、足首の関節などが赤く腫れ、痛みを発する病気です。

 

その名の通り、痛みは激烈で、「風が吹いても痛い」ことから痛風と名付けられたほどです。
そのままに放置しておけば、内臓疾患にも及び、様々な合併症を発生してしまう大変怖い病気です。

 

痛風の仕組みは、プリン体を摂りすぎると余計な分が、尿酸という化合物に変換されます。

 

尿酸は非常に水に溶けにくいため、関節などに鋭くとがった結晶として存在すると関節を動かすととがったギザギザがこすれ、強烈な痛みとして発症します。

 

痛風の方や痛風予防に取り組む方は青魚などのプリン体を多く含むものを摂取するときには、魚の量や部位などに注意を払いましょう。

 

ただ今ではDHAのサプリンメントもいろりろな種類のものが出回っています。

その中にはプリン体を少ないものもありますので、痛風
予防のためにはこういったサプリメントを購入していきましょう。

 

そうすれば、DHAの血管障害の予防やインフルエンザ、うつ病などにも効果があるとされているDHAを安心して一定量を摂取することができるようになりますよ。

 

目安としては1日1gが良いとされていますのでこれを目標に摂取しましょう。

 

オススメDHAサプリメントは?

痛風には、DHAが効果ありますが、「どのDHAサプリメントがいいの?」と思っている方に、参考になるサイトを紹介しましょう。

 

安心して飲めるDHAサプリがランキングされています。

 

購入の際に助かりますよ。
↓↓
おすすめサイト>>dhaサプリメント.jp<<