DHA 勉強 受験

DHAと勉強・受験

DHAは脳の神経伝達物質にも関係しています。
脳の神経細胞が情報を伝達するうえでDHAは重要な役割をしているそうです。

 

DHAを摂取することによって、神経伝達物質の量や質も良くなり、脳の情報伝達が活発化して記憶能力などがアップするものと思われています。

 

受験にも効果があります。

 

このDHAは、青魚に多く含んでいます。脳のためにもDHAを摂取してもらいたいのはお子さんということになると思います。

 

1日1gがDHAの摂取量の目安とされていますが、毎日この量を摂取するのはなかなか難しいものがあります。

 

一番効率よく摂取できるのは、青魚の刺身です。
DHAは酸化しやすいので新鮮なうちに摂取するように心がけましょう。

 

また煮た場合などは、煮汁に溶け込んだりしますので汁ごと飲むのもDHAを効率よく体内に入れる方法としてはいいです。

 

また、お子さんはなかなか魚を毎日食べるというのも難しいでしょう。
また調理するのも大変だと思います。毎日刺身とういうわけにもいけませんよね(笑)

 

調理が面倒な時は、サバやいわしなどの缶詰でも十分DHAを摂取することが可能です。

 

DHAEPAと同様な不飽和脂肪酸の一種ですが、動脈硬化の原因になる悪玉コレステロール中性脂肪を減少させることにより、その結果として血液をサラサラにしてくれます。

 

脳への供給もスムーズなると考えられます。

 

このようにDHAを摂取することにより、健康的にも学習の効率化にも効果をもたらしてくれますので積極的に食事などで摂っていきたいものですね。