福祉健康課」カテゴリーアーカイブ

言語機能訓練(12/9)

言語聴覚士による言語機能訓練を月1回実施しています。

【日時】
12月9日(金) 午前9:15~午後4:00

【申込締切】予約制です。事前に下記までご連絡ください。
11月25日(金)

【場所】
保健福祉センター

【問い合わせ・申し込み】
福祉健康課保健係  電話 2-5570

11月は「児童虐待防止月間」です

児童虐待に関する相談対応件数は年々増加しており、特に子どもの生命が奪われるなど重大な事件があとを絶たず、児童虐待問題は、社会全体で解決すべき重要な課題となっています。

平成16年度から、児童虐待防止法が施行された11月を「児童虐待防止推進月間」と定め、児童虐待問題に対する社会的関心の喚起を図るため、集中的な広報・啓発活動を実施しています。

◎子どもの虐待とは

児童虐待とは、保護者(親または親に代わる養育者)の行為が、子どもの心や身体を傷つけ、子どもの健やかな発育や発達に悪影響を与えることを指します。令和2年4月から子どもへの体罰は法律(改正児童虐待防止法・改正児童福祉法)で禁止とされました。体罰を含む繰り返す虐待により、子どもの脳の委縮や変形等のダメージを与えることがあると、現在科学的にも明らかになっています。

〔法律に基づく4分類〕

身体的虐待叩く、殴る、蹴る、体罰、投げ落とす、激しく揺さぶる、物を投げつける、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束するなど
性的虐待子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性的行為のほのめかし、性器を触るまたは触らせる、ポルノグラフィの被写体にするなど
ネグレクト
(保護の怠慢・養育の放棄)
食事を与えない、ひどく不潔にする、家に閉じ込める、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かないなど
心理的虐待大声や脅しなどで恐怖を与える、言葉で自尊心を傷つける(暴言)、無視、きょうだい間差別をする、子どもの目の前で行われる家族に対しての暴力や夫婦喧嘩など

◎虐待かな?と思ったらすぐに連絡を!

子どもの様子が気になる、もしかしたら虐待かもしれない・・・気づいたことがありましたら、東京都児童相談センター(児童相談所全国共通ダイヤル「189」)や八丈町子ども家庭支援センターへご連絡ください。連絡した方の秘密は法律で守られています。虐待の背景には、保護者に子育てや家庭の悩み・困り感があることが少なくありません。皆さんから寄せられた声は、必要な支援に繋げられ、子どもだけでなく保護者も助けるきっかけとなり得るのです。皆さんの心配な声をお聞かせください。
※子ども家庭支援センターでは子育ての相談全般も受け付けています。

【問い合わせ】
八丈町子ども家庭支援センター 電話 2-4300

養育家庭(里親)制度

毎年厚生労働省は10月、東京都では10月~11月を「里親月間」と位置付け、養育家庭に関する啓発活動を集中的に行っています。

「養育家庭制度」とは

養育家庭制度は、いろいろな理由で親と一緒に暮らすことのできない子どもたちを、養子縁組を目的にしないで、より家庭に近い環境で、一定期間養育していただく制度です。養育家庭として認定を受けるには、東京都が定める研修を受講する必要があります。

お預かりいただく子ども

親の離婚・家出・病気・虐待などの理由で、親と一緒に暮らすことができない、0歳から18歳未満の子どもです。

申込資格

  • 都内在住の夫婦で健康な方。
  • 配偶者がいない場合は、子どもを適切に養育できると認められ、かつ、起居を共にし、主たる養育者(申込者本人)の補助者として関わることのできる成人の親族等がいること(子どもを適切に養育できると認められる特段の事情がある場合は除く)。
  • 生活に困窮していない、かつ、原則として世帯の収入額が生活保護基準以上の方(養育家庭〔親族〕、親族里親は除く)。
  • 申込者の住居が、家族の構成に応じた適切な環境であること。

※その他にも条件があるため、くわしくはお問い合わせください。

養育に係る費用

委託中は養育費(子どもの生活費等と里親手当)が支払われます。

養育時の支援

  • 児童相談所が中心となって支援を行います。
  • 支援にあたっては、児童相談所業務を行う民間の専門機関や経験豊富な養育家庭、施設の専門職と連携を図っています。
  • 養育に疲れた場合には、子どもの養育を一時的に休息できます。
  • 養育家庭同士が集う機会があります。
  • 養育に必要な知識を学べます。

【問い合わせ】
東京都児童相談センター(新宿区) 電話 03-5937-2316
八丈町子ども家庭支援センター 電話 2-4300
メール kodomo@town.hachijo.tokyo.jp

ウクライナ人道危機救援金の受付期間延長について

ウクライナ各地で激化している戦闘により、インフラ被害や死傷者が発生しており、多くの方々が周辺国に避難しています。ウクライナでの人道危機対応およびウクライナからの避難民を受け入れる周辺国と、その他の国々における救援活動を支援するため、次のとおり期間を延長して、救援金の受付を行います。
お寄せいただいた救援金は、すべて日本赤十字社へ送金します。

受付期間(延長後):令和4年3月17日(木)~令和5年3月17日(金)
受付場所:会計課2番カウンターおよび各出張所

【問い合わせ】
福祉健康課厚生係 電話 2-5570

新型コロナウイルスワクチンの住民接種について

一般(18歳以上)5回目住民接種
一般(18歳~59歳)4回目住民接種
12歳~17歳 4回目住民接種
オミクロン株対応ワクチン個別接種
5~11歳 1~3回目接種
5~11歳 追加接種(3回目)
個別接種(60歳以上または18歳以上で基礎疾患を有する方)
個別接種(5~17歳)

一般(18歳以上)5回目接種

対象者には通知が送付されます。

対象者 4回目接種から3か月以上経過した18歳以上の方
使用ワクチン ファイザー社製オミクロン株対応ワクチン(2価)
対象者 ①4回目接種を 7月31日までに接種した方 ②4回目接種を 8月1日~9月23日までに接種した方
通知発送予定日 11月4日(金) 11月10日(木)
予約期間 11月6日(日)~11日(金) 11月13日(日)~18日(金)
実施日程

集団接種:保健福祉センター
12月1日(木) 3日(土) 6日(火) 
8日(木) 10日(土)

集団接種:保健福祉センター
12月13日(火) 15日(木) 17日(土)
個別接種:岩渕クリニック
12月1日(木)~9日(金)
※土日を除く
個別接種:岩渕クリニック
12月12日(月)~23日(金)
※土日を除く

次の対象者で接種をご希望の方は福祉健康課保健係へご相談ください。
・期間内の接種が難しい方、島外在住の方、通知が届いていない方
・転入した方(4回目を他自治体で接種した方)

一般(18~59歳)4回目接種

対象者には通知が送付されます。

対象者 3回目接種から5か月以上経過した18歳以上の方(通知発送は18~59歳)
使用ワクチン ファイザー社製オミクロン株対応ワクチン(2価)
対象者 ①3回目接種を 3月15日までに接種した方 ②3回目接種を 3月16日~6月25日までに接種した方
通知発送予定日 10月6日(木) 10月13日(木)
予約期間 10月10日(月・祝)~14日(金) 10月15日(土)~21日(金)※16日(日)除く
実施日程 集団接種:保健福祉センター
10月22日(土) 25日(火) 27日(木)
集団接種:保健福祉センター
11月1日(火) 5日(土) 8日(火)
個別接種:岩渕クリニック
10月17日(月)~28日(金)
※土日を除く
個別接種:岩渕クリニック
11月 毎週火曜日

次の対象者で接種をご希望の方は福祉健康課保健係へご相談ください。
・期間内の接種が難しい方、島外在住の方、通知が届いていない方
・転入した方(3回目を他自治体で接種した方)
・初回(1~2回)・追加(3回目)接種を希望される方

12~17歳(18歳)4回目接種

対象者には通知が送付されます。

対象者 3回目接種から3か月以上経過した12~17歳(18歳)で接種を希望する方
使用ワクチン ファイザー社製オミクロン株対応ワクチン(2価)
実施会場 集団接種:保健福祉センター 個別接種:町立八丈病院
実施時間 午前9時~11時 午後3時30分~4時30分
実施日程 12月3日(土) 12月7日(水) 22日(木)

初回(1~2回)接種を希望される方は福祉健康課保健係へご相談ください。

オミクロン株対応ワクチン個別接種

10月より下記対象者の使用ワクチンがオミクロン株対応ワクチン(2価)に変わります。
接種は予約制となります。
ワクチンを無駄にしないために予約人数が一定数に達しない場合は日程を調整しますので、あらかじめご了承ください。

予約先 福祉健康課保健係 04996-9-5671
受付時間/締切 平日 午前9時~午後5時 / 下記日程の1週間前まで
使用ワクチン ファイザー社製オミクロン株対応ワクチン(2価)
対象者 前回接種から5か月以上経過した
【4回目】60歳以上の方等 ※①
【3回目】18歳以上の方
2回目接種から5か月以上経過した
【3回目】12歳~17歳の方
実施会場 岩渕クリニック 町立八丈病院小児科
実施時間 午前9時~午前11時 午後3時30分~午後4時30分
実施日程 11月8日(火) 15日(火)
22日(火) 29日(火)
11月17日(木)

※① 60歳以上の方、基礎疾患を有する方、医療従事者および高齢者施設従事者
☆ 初回(1~2回目)接種を希望される方は福祉健康課へご相談ください☆
 初回接種にオミクロン株対応ワクチン(2価)は使用できないので日程の調整をします。

<新型コロナワクチンとその他のワクチンの接種間隔について>
インフルエンザワクチンとコロナワクチンの同時接種が可能となりました。
(接種間隔に制限なし/同時接種、翌日等の接種も可能)
 コロナワクチン接種前後13日間はその他のワクチン(インフルエンザを除く)の接種ができません。

 

5~11歳 1~3回目接種

対象者には通知が送付されます。

対象者 5歳~11歳で接種を希望する方(1~3回目)
使用ワクチン ファイザー社製小児用ワクチン
実施会場 個別接種:町立八丈病院小児科
実施時間 午後3時30分~4時30分
実施日程 11月10日(木) 30日(水) 12月21(水)

5歳~11歳追加接種(3回目)

5歳~11歳の追加接種(3回目)を実施します。
対象者へは個別に通知が行きます。
予約制となりますので通知内容をご確認のうえお申込みください。
※接種は強制ではありません。
ワクチンを無駄にしないために予約人数が一定数に達しない場合は日程を調整しますので、あらかじめご了承ください。

対象者 2回目接種から5か月以上経過した5歳~11歳で接種を希望する方(3回目)
使用ワクチン ファイザー社製小児用ワクチン
予約先 福祉健康課保健係 04996-9-5671
受付時間/締切 平日 午前9時~午後5時 / 下記日程の1週間前まで
実施会場 集団接種:保健福祉センター 個別接種:町立八丈病院小児科
実施時間 午後2時~4時30分 午後3時30分~午後4時30分
実施日程 10月8日( 10月 5日(水) 12日(水)
11月 10日(木) 30日(水)

 初回(1~2回目)接種も合わせて予約受付します。

<新型コロナワクチンとその他のワクチンの接種間隔について>
インフルエンザワクチンとコロナワクチンの同時接種が可能となりました。
(接種間隔に制限なし/同時接種、翌日等の接種も可能)
 コロナワクチン接種前後13日間はその他のワクチン(インフルエンザを除く)の接種ができません。
次の対象者で接種をご希望の方は福祉健康課保健係(電話:2-5570)へご連絡ください
・転入された方  ・通知が届いていない方

新型コロナウイルスワクチン個別接種のご案内

4回目集団接種期間に接種ができなかった方へのご案内です。
個別接種は予約制となります。
ワクチンを無駄にしないために予約人数が一定数に達しない場合は
日程の調整をしますので予めご了承ください。

対象者 3回目接種から5か月以上経過した
①60歳以上の方 ②18歳以上で基礎疾患を有する方
受付時間/締切 午前9時~午後5時 下記日程の1週間前まで
予約先 福祉健康課保健係 04996-9-5671
<追加接種(4回目)>
実施会場 岩渕クリニック
実施時間 午前9時~午前11時
実施日程 8月23日(火)、8月25日(木)
9月6日(火)、9月8日(木)、9月13日(火)、9月15日(木)、9月20日(火)、9月22日(木)、9月27日(火)、9月29日(木)

※10月以降の接種については調整中です。
※1~3回目接種を希望される方は福祉健康課へご相談ください。


5歳~17歳の集団接種期間に接種ができなかった方へのご案内です。
個別接種は予約制となります。
ワクチンを無駄にしないために予約人数が一定数に達しない場合は
日程の調整をしますので予めご了承ください。

予約先 福祉健康課保健係 04996-9-5671
受付時間/締切 平日 午前9時~午後5時 下記日程の1週間前まで
実施会場 町立八丈病院小児科
実施時間 午後3時30分~午後4時30分

<5歳~11歳 初回(1・2回目)接種>

対象者 接種日時点で5歳~11歳の方
実施日程 1回目 2回目
8月3日(水) 8月24日(水)
8月17日(水) 9月7日(水)
9月28日(水)

<12歳~17歳 初回(1・2回目)および追加(3回目)接種>

対象者 12歳~17歳の方(小学6年生~高校3年生相当)
実施日程 1回目 2回目
8月5日(金) 8月25日(木)
9月8日(木) 9月29日(木)

☆接種間隔☆ 2回目:3週間後 / 3回目:2回目接種から5か月以上あけて

次の対象者で接種をご希望の方は福祉健康課保健係へご連絡ください。
・転入された方
・18歳以上で未接種または追加未接種の方


予約前に 予防接種に不安がある方は下記相談窓口へ

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
電話 0120-761770 受付時間:午前9時~午後9時(土日祝日を含む毎日)

東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター
電話 03-6258-5802 受付時間:24時間対応(土日祝日を含む毎日)

接種会場に行く前に 忘れないで!!

① 問診票の記入
② 持ち物確認・・・・・・・問診票、クーポン券、本人確認書類(保険証等)
③ 予約時間の確認・・・・・時間厳守でお願いします
④ 服装確認・・・・・・・・肩に注射するので着脱しやすい服で
⑤ 事前体温計測・・・・・・来場前に済ませて受付をスムーズに
⑥ 来場時はマスク着用・・・感染症対策をお願いします

★★ 忘れ物をすると接種を受けられないことがあります ★★

接種を受ける時 お願い

① 体調不良のときは無理をしないで
② 問診での質問は手短に
③ 接種後は副反応確認のため、15分程度待機所でお待ちください

ワクチン接種された方へ

接種をすることで感染症のリスクは下がりますが絶対にかからないわけではありません。引き続きマスクの着用・手洗いなどの感染予防対策にご協力ください。

新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)
国内利用もできるようになりました

<交付対象者>
八丈町発行の接種券(または、接種券付き予診票)を利用して接種を受けた方
※他の自治体等が発行した接種券で接種を受けた場合は接種券を発行した自治体へ申請してください。

接種証明書(電子版)の発行について

<対象者>
上記「交付対象者」で
・マイナンバーカードをお持ちの方
・マイナンバーカードが読み取れるスマートフォンをお持ちの方
(対応端末等詳細はこちらをご確認ください)

<申請方法等>
詳細はこちらか、デジタル庁のウェブサイトをご確認ください

接種証明書(紙)の発行について

<申請方法>
①窓口による申請
 受付窓口:八丈町役場福祉健康課保健係(10番窓口)
 受付時間:土・日・祝日を除く平日午前8時30分~午後5時15分
②郵送による申請
 郵送先住所:東京都八丈島八丈町大賀郷2551番地2 八丈町福祉健康課保健係 宛

<申請に必要な書類>
交付申請書(郵送の方はこちらからダウンロードしてください)
②旅券(パスポート)※渡航予定時点で有効なもの
③接種券(接種済証)または接種記録書
④本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証等)
※郵送の場合は①の原本と②~④の写しを提出してください
 国内利用目的の申請には②旅券は必要ありません

<交付までの所要日数>
受付から1週間程度で発送します。
早急に必要な方は福祉健康課へご相談ください。

国内向けの接種証明としては「接種済証」が引き続き使用できます。
「予防接種済証」または「接種記録書」をお持ちの方は特段の理由がない限り「接種証明書(国内用)」の申請は必要ありません。

接種証明

【問い合わせ】
福祉健康課保健係 電話 2-5570

【よくある質問】

Q.使われるワクチンは?
A.八丈町では1・2回目と同様、ファイザー製ワクチンが供給される見込みです。

Q.接種は強制?
A.接種を受けることは強制ではありません。
職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

Q.子どもの接種は?
A.接種時点で5歳以上に達する方が対象です。

Q.接種を受けるにはかかりつけの医師の確認が必要ですか?
A.かかりつけの医師に確認をしていなくても予診医が接種可能と判断した場合 は接種可能です。
接種を受ける方が病状に応じ、自らかかりつけ医師への受診時に接種の相談をすることは望ましいと考えられますが、かかりつけの医師に接種の可否を必ず確認することは必須ではありません 。

Q.島外で接種は受けられますか?
A.受けられます。
接種券および予診票は全国共通です。
島内接種より先に接種を希望される方は事前発送しますので、福祉健康課までご連絡ください。

なお、施設等に入居・入院をされている方以外の接種には「住所地外接種届出」という書類が必要です。厚生労働省「コロナワクチンナビ」をご確認いただくか、福祉健康課までご連絡ください。
他自治体の接種予約等はご自身でお取りください。

Q.キャンセルなどで余ったワクチンは?
A.予約者へ接種前日に体調等の確認をとり、できるだけワクチンの無駄が出ないよう調整しています。当日のキャンセルについては、開封したワクチンの保存時間が短いため接種会場スタッフや町職員等に接種し、ワクチンを無駄にしないよう努めています。

▶ 自衛隊大規模接種センターでの接種について

【八丈町における新型コロナウイルスワクチン接種に関する問い合わせ】
福祉健康課保健係 電話 2-5570

令和4年8月3日からの大雨災害義援金

令和4年8月3日からの大雨により、山形県、新潟県、石川県、福井県を中心に各地で甚大な被害が生じました。この災害で被災された方々を支援するため、義援金を受け付けていますので、ご協力をお願いします。
義援金は、被災地県に設置される災害義援金配分委員会を通じて全額が被災地へ配分されます。

受付期限:令和5年3月17日(金)まで

受付場所:会計課(2番カウンター)・各出張所

【問い合わせ】
福祉健康課厚生係  電話 2-5570

インフルエンザワクチン予防接種費用一部扶助

八丈町に在住する高齢者と小児向け

接種費用扶助詳細 (金額はすべて税込額)

高齢者 小児
対象年齢
※接種日時点の年齢
・65歳以上
・60~64歳であって
基礎疾患がある方
生後6か月~13歳未満
接種回数・料金 1回4,000円 1回目 4,000円
2回目 2,000円
八丈町負担額 2,000円
東京都負担額 2,000円(上限2,500円)
接種者負担額 無料 4,000円
実施医療機関 町立八丈病院
岩渕クリニック

身体障害者手帳1級(心臓、じん臓、呼吸器、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害)をお持ちの方

インフルエンザ予防接種は予約制です

【予約・問い合わせ先】

  • 町立八丈病院(電話 2-1188)
    ☆申込期間☆
    高校生以上・一般 10月11日~10月 28日
    中学生までのお子さん  9月12日~9月30日
  • 岩渕クリニック(電話 2-7117)
    ☆申込期間☆
    高校生以上・一般 10月3日~10月14日

予防接種の詳細についてはこちらをご確認ください

島外医療機関にてインフルエンザを接種した場合

償還払いにて小児2,000円、高齢者4,500円を上限とし、お支払いします。
くわしくは下記までお問い合わせください。

【問い合わせ】
福祉健康課・電話 2-5570

インフルエンザ予防接種のお知らせ

町立八丈病院での予防接種 

◇ 申込時と予防接種時は診察券を必ずご持参ください

【中学生までのお子さん】

接種日10月18日(火)・19日(水)・25日(火)・26日(水)
11月1日(火)・2日(水)・8日(火)・9日(水)・15日(火)・16日(水)
接種場所町立八丈病院 小児科外来
受付時間予防接種時間の10分前から開始
接種時間火曜日:午後2時~4時30分
水曜日:午後3時~4時30分
申込期間9月12日(月)~30日(金) ※土日祝除く
各出張所:午前9時~正午、午後1時~5時
町立八丈病院:午前9時~午後5時15分
接種回数13歳以上(接種日):1回接種
6ヵ月以上13歳未満(接種日):2回接種(2週間以上の間隔を空けて)
申込方法町立八丈病院小児科外来の受付カウンターへ申込書を提出してください。
各出張所へ提出される方は、予約枠確認のため少々お時間をいただきます。
接種費用1回接種 4,000円(税込)
※13歳未満(接種日) 1回目=4,000円(税込)、2回目=全額免除 詳しくはこちら

【高校生以上、一般の方】

接種日11月10日(木)・17日(木)・24日(木)・25日(金)・30日(水)
接種場所町立八丈病院 内科外来
受付時間予約接種時間の15分前から開始
接種時間午後2時~3時30分
申込期間10月11日(火)~28日(金)※土日祝除く
各出張所:午前9時~正午、午後1時~5時
町立八丈病院:午前9時~午後5時15分
申込方法町立八丈病院待合の受付カウンターへ申込書を提出してください。
各出張所へ提出される方は、予約枠確認のため少々お時間をいただきます。
接種費用4,000円(税込)※65歳以上(接種日)の方は全額免除 詳しくはこちら 

【問い合わせ】町立八丈病院業務係 電話2-1188

※密集・密接を避けるため、日程・時間ともに予約制とします。(30分/1枠:30名)
※接種希望日の人数が多い場合は、調整しますのでご了承ください。

岩渕クリニックでの予防接種

対象者高校生以上・一般の方
接種日
場所
時間
10月30日(日)末吉公民館 11月6日(日)中之郷公民館
11月13日(日)樫立公民館 11月20日(日)大賀郷公民館 11月27日(日)三根公民館 
各日程とも午前9時~11時
申込期間10月3日(月)~14日(金)※土日祝除く
午前9時~正午、午後1時~4時
申込方法岩渕クリニック・最寄りの各出張所にて
接種費用町立八丈病院と同じ

【問い合わせ】岩渕クリニック 電話 2-7117
接種費用一部扶助の詳細については、こちらをご確認ください。

がん検診が島外で受けられます

受付期間 8月1日~12月6日

【対象】
職場のがん検診、人間ドックなどを受ける機会のない、町に住民票がある方

【受診の流れ】
受診の流れ

【がん検診の受診条件】

  • 胃(レントゲン):40歳‐74歳
  • 肺(レントゲン):40歳以上
    (喀痰細胞診):50歳以上、
    喫煙指数600以上(例:20本×30年=600)、
    胸部レントゲン検査を併用受診出来る方
  • 大腸(便潜血) :40歳以上
  • 肝炎ウイルス(B型・C型)検診:今年度40歳になる方、
    又は41歳以上で検査を受けたことがない方
     ※年齢基準日は令和5年4月1日

◎実施健診機関:こころとからだの元氣プラザ
東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング2階
℡:03-5210-6634
地図:http://www.genkiplaza.or.jp/access

◎健診期間:令和4年8月22日(月)~ 12月27日(火)(土日祝除く)
   時間:予約の際に相談ください。
  持ち物:検体(大腸がん、肺がん(喀痰)希望者のみ)
受診票(ご自宅にお送りします)
※予約後の変更や取り消しは必ず健診機関へ連絡ください。
※本検診は島外医療機関通院交通費補助金の対象にはなりません。

【問い合わせ】
福祉健康課保健係 電話 2-5570