がん患者ウィッグ等購入費助成事業について

がん治療による外見の変化をカバーするために必要な補整具の購入費の一部を助成し、がん患者の就労継続等の社会生活を支援します。

助成対象者(八丈町に住所があり、次のいずれにも該当する方)
①がんと診断され、その治療を行っていること。
②がん治療に伴う脱毛、乳房の切除等により、補整具が必要となっていること。

助成対象品(令和3年4月1日以降に購入したもの)
・ウィッグ(かつら)
※医療用には限りませんが、付属品やケア用品は除きます。
・胸部補整具(補整用下着、補整用シリコンパッド、人工ニップル等)

助成額
・10,000円か購入費のいずれか低い額
※年度内にウィッグと胸部補整具分を1回ずつ申請が可能です。

申請に必要なもの
・がんの治療を受けていることを証する書類
※化学療法又は手術など、がんの治療を行ったことが分かる書類。
(お薬手帳、診療明細書、治療方針計画書など)
・補整具を購入した日付及び金額の明細が分かる書類(領収書等)
※領収書には①宛名(申請者氏名)、②購入日(発行日)、③購入金額、
④金額の内訳、⑤領収書発行者の名称及び住所が必要です。
・印鑑
・助成金の振込先(申請者本人名義、未成年者においては保護者の名義)

Q&A

Q.この制度は何回も利用できる?
A.ウィッグと胸部補整具でそれぞれ年度内に1回の申請が可能です。

Q.男性は対象になる?
A.はい。性別は問いません。

Q.未成年の子ども用に購入したものはどう申請したらいい?
A.保護者名で申請をしてください。申請書の対象者欄にお子さまの情報をお書きください。

Q.ウィッグのヘアピース(部分かつら)は対象になる?
A.はい。全部かつらの他、部分かつらも対象になります。

Q.助成金を算出するうえでの購入費用は消費税を含む?
A.はい。助成金額は、消費税を含めたウィッグ等の購入費用と10,000円のいずれか低い額になります。

Q.助成対象品を購入する際の送料や手数料も助成対象になる?
A.なりません。助成対象は、対象品本体にかかる費用のみです。

Q.美容院でウィッグを購入し、ヘアセットもしてもらったがこれも助成対象になる?
A.いいえ。対象品本体にかかる費用以外のものは対象になりません。

Q.個数の制限は?
A.個数に制限はありませんが、ウィッグと胸部補整具ごとに年度内に1回限りの申請なので、まとめて申請をしてください。

Q.ウィッグの助成対象はどこまで?
A.ウィッグを装着するために必要なネットは助成対象となりますが、それ以外の付属品や日常的なケア用品は対象となりません。脱毛をカバーするための帽子も助成対象にはなりません。

Q.領収書の宛名が空欄や、上様となっているが申請ができる?
A.いいえ。領収書には、申請者の氏名の記載が必要ですので、発行者への領収書の再発行を依頼してください。

Q.領収書の内訳がわからないが申請は可能?
A.いいえ。内訳が分からない場合は申請ができません。購入された店舗へ明細書等の内訳の分かる書類の発行を依頼してください。

Q.補整具を自作したいが、材料費は助成対象になる?
A.いいえ。自作する場合は対象になりません。

【受付・問い合わせ】
福祉健康課保健係 電話 2-5570